体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 ●第1回「調理器具は最小限!!“フライパンだけ”レシピ」

【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 ●第1回「調理器具は最小限!!“フライパンだけ”レシピ」 リュウジレシピ リュウジレシピ Twitterでバズっている料理研究家リュウジさんが、一人暮らしを始めたばかりの学生さんに向けて「美味しい・簡単・フォトジェニック」をテーマにレシピを考案。お手頃な食材を使って自炊生活を応援します。

この4月、大学や専門学校への進学をきっかけに、1人暮らしを始めた人も多いのではないでしょうか。食事の用意なんてしたことないけど、まだ自由に使えるお金も少ないから、自炊をしてみようかな、と考えている人もいるのでは? しかし、引っ越ししたてで調理器具が少ない…。そんな悩みを解消するべく、料理研究家のリュウジさんに“フライパンだけ”で作れる主食メニューを教えてもらいました。

 

バターのコクが効いた素朴なホクホク麺「北海道じゃがバター塩焼きそば」

リュウジレシピ

1品目は、焦げ目をつけたジャガイモが香ばしい塩味焼きそば。リュウジさん曰く「コンソメとバターの組み合わせは間違いない!」。覚えておくと、他の料理にも応用できるかも♪ 【材料】

焼きそば用の麺 1食分

じゃがいも(中) 1/2個

ベーコン 40g

コンソメ 小さじ1

バター 10g

水 50cc

サラダ油 小さじ2

塩 ひとつまみ

黒コショウ、パセリ 適量

 

(1)じゃがいもを7mmぐらいの半月切り、ベーコンを短冊切りにする。

リュウジレシピ

(2)フライパンにサラダ油とじゃがいもを入れて、中火で焼き、じゃがいもに焦げ目がついたらベーコンを加えて焼く。

リュウジレシピ

(3)ベーコンに焦げ目がついたら、麺、コンソメ、水を入れて炒め、麺がほぐれたら火を止め、バターと塩を加えて和える。

リュウジレシピ

器に盛り付けたら完成です♪ 好みで黒コショウとパセリをふりかけて。

 

スープが染み込んだスパゲッティが絶品「ガーリックコンソメスープのワンポットパスタ」

リュウジレシピ

続いては、麺の下準備も具材の調理もすべてフライパンだけで完結するスープパスタ。一般的にスーパーで売っている1.4mmの細めのスパゲッティと、相性抜群のレシピ。 【材料】

スパゲッティ 100g

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。