体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイロン台不要? 100均グッズでシャツやスカートにきれいにアイロンがけ出来るか試してみた

100均グッズでアイロンはきれいにかけられる?

久しぶりに白いシャツでも着ようかな、とチェストの中から出してみたところ、きれいに畳んでおいたつもりがシワシワに! 折りジワだけでなく、襟や袖、前身頃にも無数にシワができていて、とてもこのまま着られる状態ではない。

アイロンをかけよう!と思い立ったものの、アイロンはあるがアイロン台はない。

そこで、100均グッズでアイロンがかけられないか試してみることにした。
チェストから出したシャツ。大小さまざまなシワが入っていて着られない|アイロン台不要?100均のアイロングッズできれいにアイロンをかけられるのか試してみた

チェストから出したシャツ。大小さまざまなシワが入っていて着られない100均でアイロングッズを調達して準備開始

近所の100円ショップを見てみたところ、洗濯グッズコーナーの一角にアイロングッズが並んでいた。購入したのはこちらの商品。
100円ショップで購入したアイロングッズ(左がアイロンクッションシート、右がアイロングローブ)|アイロン台不要?100均のアイロングッズできれいにアイロンをかけられるのか試してみた

100円ショップで購入したアイロングッズ(左がアイロンクッションシート、右がアイロングローブ)アイロンクッションシート|ダイソー

テーブルの上に置いて、アイロン台の代わりとして使えるシート。アイロングローブ|ダイソー

手にはめて使うことで、ハンガーに掛けたままアイロンがかけられるグローブ。さっそくアイロンがけ開始!

さっそくアイロンがけをしていく。

テーブルの上にアイロンクッションシートを設置して準備完了。

アイロンクッションシートのサイズは40cm×50cm。一般的なアイロン台より長さは少し短めだ。クッション性があり、表面はアルミコーティングされている。

手順は襟や袖などの細かい部分から、前身頃、後ろ身頃などの広い部分へと進めていく。
ダイソーで購入したアイロンクッションシートをテーブルにセット。自前のアイロンを準備して、いざアイロンがけスタート|アイロン台不要?100均のアイロングッズできれいにアイロンをかけられるのか試してみた

ダイソーで購入したアイロンクッションシートをテーブルにセット。自前のアイロンを準備して、いざアイロンがけスタート襟のアイロンがけ

両側から中央に向かってアイロンを滑らせる。アイロンをもっていないほうの手で生地を引っ張りながらかけていく。
襟のアイロンがけは外側から内側へ|アイロン台不要?100均のアイロングッズできれいにアイロンをかけられるのか試してみた

襟のアイロンがけは外側から内側へ

縫い目のキワは先端を使って。シートにクッション性があるのでかけやすい。
縫い目のキワはアイロンの先端で|アイロン台不要?100均のアイロングッズできれいにアイロンをかけられるのか試してみた

縫い目のキワはアイロンの先端で袖のアイロンがけ

袖をきれいに広げ、縫い目に沿うようにアイロンを滑らせる。アイロンクッションシートのサイズが少し小さめに感じていたが、袖全体を広げられるサイズで問題なかった。
袖はアイロンをまっすぐにかける|アイロン台不要?100均のアイロングッズできれいにアイロンをかけられるのか試してみた

1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。