体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生しらす解禁&新江ノ島水族館♪1泊しないともったいない江の島旅

生しらす解禁&新江ノ島水族館♪1泊しないともったいない江の島旅

3月某日、江の島の生しらすが今年も解禁されたとのこと……! 釜揚げしらすやしらす干しは家でも食べられるけど、生しらすは新鮮じゃないとダメなので、現地でしか食べられません。これは食べに行かねば。

ということで、JR東京駅からJR藤沢駅まで約50分。せっかくなので江ノ電に乗り換えて約10分、江ノ島駅までやってきました。

 江ノ電

江の島は東京から日帰りで行ける場所ではありますが、今回はあえて1泊することに。泊まりだからこそゆっくり楽しめる、以下の3つのスポットを巡ってみようと思います!

① 江の島シーキャンドルから見る夜景
② 老舗旅館のまるで異世界なお風呂
③ 地元の人気店で食べる最高の海鮮朝食

それでは、ゆったり1泊2日の江の島旅スタートです。

幻想的な水槽にうっとり。新江ノ島水族館

 新江ノ島水族館

江ノ島駅から歩くこと10分。まずは、海沿いにある新江ノ島水族館、通称「えのすい」にやってきました。
新江ノ島水族館 相模湾大水槽

大水槽の魚群に光が当たってキラキラしてきれい

水族館が好きなのでいろんな場所に行くのですが、中でも「えのすい」は水槽の展示がアートのようで美しい! それぞれの展示スペースがゆったりとしているし、通路の幅も広くて歩きやすく、ゆったりとした気持ちで回れます。
新江ノ島水族館 クラゲファンタジーホール

幻想的なクラゲファンタジーホール

朝9時のオープン直後に行ったので、お客さんも少なく、ゆっくり見ることができました。10時頃から少しずつお客さんが増えて、だんだんとにぎやかな感じに。
新江ノ島水族館 カワウソ

カワウソの展示は、2018年3月にオープンしたばかり。とにかくかわいい
新江ノ島水族館 オーシャンデッキ

オーシャンデッキは海に面していて気持ちいい

えのすいで販売されているドリンク「くらげさくらソーダ」(販売期間:2018年3月15日(木)~4月15日(日)まで)は、かわいい見た目の爽やかなソーダ! 歩き疲れたらオーシャンデッキで、江の島や富士山を眺めながら休憩しましょう。

新江ノ島水族館 イルカショー
1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。