体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】整理収納アドバイザーのモノトーン&シンプルな部屋づくり

モノトーンでシンプルな部屋づくりのポイントは?

こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は東京都あきる市の3LDKの賃貸物件に住むM.Mさんの部屋を訪問。インテリアコーディネートのアイデアを教えてもらった。

片付けのプロフェッショナルである整理収納アドバイザー2級の資格を持つM.Mさん。片付かない原因を見つけ、物との関わり方から見直すことで問題を根本から解決している。

出産を機に整理収納に目覚めたという彼女の部屋づくりのこだわりポイントはモノトーンでシンプルであること。大きい家具は圧迫感が出ないよう白いものをセレクト。グレーとウッドをアクセントにして柔らかい印象づくりを心掛けているそう。
整理収納アドバイザーのM.Mさんに、モノトーンでシンプルな部屋作りのアイデアを教えてもらおう|【インテリアコーディネート術】整理収納アドバイザーのモノトーン&シンプルな部屋作り

整理収納アドバイザーのM.Mさんに、モノトーンでシンプルな部屋作りのアイデアを教えてもらおうプロフィール

名前:M.Mさん
職業:専業主婦
居住地:東京都あきる野市 秋川駅より徒歩15分
居住年数:3年3ヵ月物件データ

間取り:3LDK
築年数:10年
ファミリーで住みやすい広々とした間取りの3LDK|【インテリアコーディネート術】整理収納アドバイザーのモノトーン&シンプルな部屋作り

ファミリーで住みやすい広々とした間取りの3LDK①.飾り棚は100均グッズで製作

100均グッズを駆使して作られた飾り棚は、植物を飾ることで柔らかな雰囲気に。全体的に白っぽい色を用いて統一感を出している。

細いフレームと板を使用したのは、シンプルな小物も埋もれることなくディスプレイするためだ。
100均グッズでDIYした飾り棚。棚には物を置きすぎず、なるべくスッキリさせているとのこと|【インテリアコーディネート術】整理収納アドバイザーのモノトーン&シンプルな部屋作り

100均グッズでDIYした飾り棚。棚には物を置きすぎず、なるべくスッキリさせているとのこと②.カレンダーもモノトーンのデザインをチョイス

モノトーンのカレンダーを白いカーテン横に設置。モノトーンのカレンダーは視認性も高く、シンプルな空間でのアクセントになる。

また、カーテンをまとめているのは手づくりのタッセル。素材を活かした温かみと柔らかな存在感で、白いカーテンと上手く調和している。
壁やカーテンが白いので、黒の背景に白文字のカレンダーがとてもよいアクセントとなっている|【インテリアコーディネート術】整理収納アドバイザーのモノトーン&シンプルな部屋作り

壁やカーテンが白いので、黒の背景に白文字のカレンダーがとてもよいアクセントとなっている③.ごちゃつきがちな配線も100均グッズで解決

テレビの裏側と壁側に100均グッズのワイヤーを取り付け、コード類やWi-Fiモデムなどごちゃつきがちな配線を結束バンドで固定している。すっきり見えるだけでなく、掃除もしやすい!
100均グッズを駆使して配線をまとめるだけの簡単アイデア。これなら掃除機をかけるのも面倒にならなそう|【インテリアコーディネート術】整理収納アドバイザーのモノトーン&シンプルな部屋作り

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。