体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国初の電気で走る貨物バン「N-GEN」、Workhorseがパイロット事業を開始

特殊車両メーカーのWorkhorse(本社・米国オハイオ州)はこのほど、開発した電気貨物バン「N-GEN」の路上パイロット事業を米国サンフランシスコ・ベイエリアで開始した。

同車は荷物の配送専用車で、電気で走るバンとしては米国初という。

・航続距離160キロ

Workhorse によると、N-GENは全輪駆動で、航続距離は160キロメートル。都市部での荷物配送を使用目的とするため、1回の充電で1日の走行をほぼ賄えると見込む。

ただし、より広範囲での走行に使える大型タイプも年内に開発予定という。

・安全運転システム搭載

N-GENは荷物配送での使用を想定しているだけあって、それをサポートする工夫が随所に施されている。荷物をたくさん積めるよう、そして乗り降りを繰り返す配達員の膝や腰への負担を減らせるよう低床となっている。

また自動ブレーキや車線中央維持などの機能を搭載し、安全運転をアシストする。Workhorseは年末までにN-GEN 2000台を走らせる計画とのこと。

電気バンのマーケットをみると、日産が欧州などで「e-NV200」を展開しているが、米国での電気バンはN-GENが初めて。テスラやUberが注力している電気トラックとはまた別の需要を掘り起こせそうだ。

Workhorse

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。