体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最速の商用ドローンが登場!物流問題解決の鍵となるか?

カリフォルニアのZiplineは、ドローンを使った遠隔地への物資輸送事業を展開するスタートアップ。数年前、ルワンダの医療センターへ血液や薬を輸送する無人配送システムを開発し、話題となった。

そんな同社がこのたび、世界最速の無人商用ドローンを発表。時速128キロメートルの速度で、物資を運搬できるという。

・深刻化する世界の物流問題を空から解決

アメリカでは今、物流業界の人手不足が問題となっている。最大の原因は、インターネット普及によるECサイトの利用者数拡大。これをデジタルテクノロジーで解決しようというところは、日本と同じだ。

実際、アマゾンのプライムデリバリーを筆頭に、ここ数年世界各地で、無人機を利用した輸送テストがひんぱんに行われている。空輸を有効に使えば、ドライバーの負担は軽減され、道路の混雑も緩和できるだろう。

・最大積載量1・75キログラム、飛行可能距離160キロメートル

世界経済フォーラムのTimothy Reuter氏は、今回のZiplineの目的は、ドローン技術を駆使した、サプライチェーンの組織編成だと考えている。アフリカ各国で、長いこと物資支援にあたってきた同社なら、十分実現可能な話だ。

Ziplineの無人機は、固定翼タイプで、一般的なクワドコプターよりもはるかに大きい。積載量は、マックス1.75キログラム。飛行可能距離は、最大160キロメートルとなる。すでに、テスト飛行も実施済み。プラン実現に向かって、着々と駒を進めているようだ。深刻化する物流問題解決の糸口となるか。今後の動きに注目したい。

souce by MIT Technology Review

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。