体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

苺と抹茶の幸せな出会い、新緑の季節のフォトジェニックなアフタヌーンティー【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】

苺と抹茶の幸せな出会い、新緑の季節のフォトジェニックなアフタヌーンティー【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】
「苺づくしのアフタヌーンティー」は、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルで人気のメニュー。今回は、緑萌える季節にふさわしい、グリーンを抹茶に見立てた「苺と抹茶のアフタヌーンティー」が登場します。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」にて、期間限定4月16日(月)~5月31日(木)の開催です。

苺と抹茶の絶妙なマリアージュ

苺と抹茶の幸せな出会い、新緑の季節のフォトジェニックなアフタヌーンティー【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】
スイーツ好きを魅了する苺と抹茶のコラボレーションは、この季節ならではのお楽しみ。苺と抹茶の絶妙な組み合わせを演出するアイテムは、フレッシュ苺をつけていただく「抹茶ディップ」。ガナッシュにホワイトチョコレート、そして抹茶を加えた特製ディップは甘くさわやかな苺と相性抜群です。余ったディップはホットミルクを入れて抹茶ラテにしてお楽しみいただけます。

苺と抹茶の幸せな出会い、新緑の季節のフォトジェニックなアフタヌーンティー【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】
コロンとした形が可愛い「抹茶の苔玉」は、シュークリームに抹茶クッキーの粉をまぶしたシェフパティシエ自慢の一品。外はサクサク、中はカスタードクリームのとろりとした食感が味わえます。オーストラリアで人気の定番スイーツ、ラミントンは抹茶のスポンジをベースにココナッツをまぶして和風に。「口どけメレンゲ、抹茶のスープ」は、口の中でふんわり溶けるメレンゲと抹茶の風味を味わえる新食感スイーツです。

苺と抹茶の幸せな出会い、新緑の季節のフォトジェニックなアフタヌーンティー【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】
他にも、「苺のタルトレット」や、セイボリーに「苺のブリーチーズと生ハムのサンドウィッチ」など、苺と抹茶をぜいたくに味わえるアフタヌーンティー。ドリンクは、コーヒー、紅茶、ハーブティー、フレーバーティーなど約20種からお代わり自由です。もちろん、途中変更もOK。この時期限定のアフタヌーンティーと共に、上質な午後のひとときをお過ごしください。

苺と抹茶のアフタヌーンティー
https://intercontinental-strings.jp/restaurant/news/detail.php?no=MTIx

■期 間:2018年4月16日(月)~2018年5月31日(木)
■場 所:レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」
■時 間:(一部)3:30 p.m. ~5:30 p.m. (L.O. 5:00 p.m.)(二部)4:00 p.m. ~6:00 p.m. (L.O. 5:30 p.m.)
■料 金:平日4,000円 / 土日祝4,500円 *税・サービス料13%別
■内 容:
・フレッシュ苺 ・苺のタルトレット ・苺のカップケーキ ・苺のロールケーキ ・苺のゼリー 
・苺のマカロン ・抹茶のスコーン ・抹茶ムース ・口どけメレンゲ、抹茶のスープ ・抹茶の苔玉 ・抹茶のラミントン ・苺ブリーチーズと生ハムのサンドイッチ ・苺ジャム ・苺のクロテッドクリーム ・抹茶とホワイトチョコのディップ

コーヒー、紅茶、ハーブティー、フレーバーティー 約20種(お代わり自由、途中変更可)

「ザ・ダイニング ルーム」
TEL. 03-5783-1258
〒108-8282 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26階

[PR TIMES]
苺と抹茶の幸せな出会い、新緑の季節のフォトジェニックなアフタヌーンティー【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。