体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廃墟を育てる楽しみかた

廃墟を育てる楽しみかた

たまに田舎で見かける「誰も住んでいないんだろうな」と感じる、冷たい雰囲気の建物。時の経過とともに、壁や天井にどんどん緑が生い茂っていきます。まるで植物が新しい暮らしをはじめたように思えて、こうなると、どこかあたたかさを感じてしまいます。

そんな気持ちを自宅で楽しめるプランターを見つけました。

植物の成長とともに
くたびれていく時間を楽しむ

廃墟を育てる楽しみかた廃墟を育てる楽しみかた廃墟を育てる楽しみかた

建物の壁や床などの建築材料として使われるモルタルを素材とした<Motif>のプランター。

雨風にさらされて建物が朽ちてくるほど、絶妙な風合いの質感になっていきます。相反するように植物は芽吹き、そこにあたたかい印象を与えてくれます。廃墟を育てる楽しみかた廃墟を育てる楽しみかた廃墟を育てる楽しみかた廃墟を育てる楽しみかた

老朽化していくものと、新しく育っていくもの。同時にどちらも楽しめるのも、このプランターだからこそですね。Licensed material used with permission by Pull Push Products.

関連記事リンク(外部サイト)

とかくスペースのないキッチンでも、思う存分「家庭菜園」が楽しめる。
「花のある暮らし」をデリバリーしてもらおう。
自分のためにお花を買いたくなる、花の活け方

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy