体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

亀田誠治×鈴木瑛美子がかまってちゃん「フロントメモリー」をカバー、映画『恋は雨上がりのように』 特報解禁

亀田誠治×鈴木瑛美子がかまってちゃん「フロントメモリー」をカバー、映画『恋は雨上がりのように』 特報解禁

 映画『恋は雨上がりのように』の最新の特報映像が解禁となり、原作者:眉月じゅんが執筆の着想を得た
“恋雨”の原点「フロントメモリー」が最強タッグにより本作主題歌として新たに生まれ変わったことが明らかになった(https://youtu.be/jf6d0KHxKB0)。

 本最新映像では、17歳の女子高生“あきら”が、45歳の“店長”に告白の返事を詰めより、その迫力に“店長”がうろたえる様や、台風の中“店長”がどこかに飛ばされてしまう様など、これまでの繊細で美しい映像とは一味違ったコミカルな“恋雨”の世界観を見ることが出来る。

 主題歌は、原作者・眉月じゅんが本作を執筆するにあたり着想を得た、“この漫画のテーマソング”と位置付けるロックバンド、神聖かまってちゃんの名曲「フロントメモリー」。この楽曲を映画“恋雨”用に新たにカバー&アレンジするためにアーティストとして大抜擢されたのは、次世代の歌姫・鈴木瑛美子。幼少時から家族で歌うコーラスグループ、スギモト☆ファミリーの一員としてコンサート等に出演。2016年に『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』にて、カラオケ部門でアマチュア枠を勝ち抜いた現役女子高生として脚光を浴び、2017年に湖池屋のTVCMに起用されるや、その規格外の歌唱力で大きな話題となった。今最も注目される実力派シンガーとして、本作に参加する。

 そしてその比類なき新人アーティストをプロデュースするのは、音楽プロデューサーの亀田誠治。これまで椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、エレファントカシマシ、大原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩、D-LITE、東京スカパラダイスオーケストラなど数多くの有名アーティストのプロデュース、アレンジを手がけてきた亀田が、「人類はこんなにも進化しているのか!」と息を巻くほど鈴木の規格外な才能にほれ込み、自らのアレンジにより全く新しい「フロントメモリー」を作り上げた。

 この主題歌入り特報映像は、4月13日より全国の映画館で順次上映される予定。

◎コメント
・眉月じゅん
「フロントメモリー」のアンニュイな歌詞とキラキラ疾走感あるメロディーが17歳の心情にぴったりだと感じ、勝手に主人公のテーマソングとして原稿中よく聴いていて作中引用までしちゃった曲がまさかの映画主題歌に!感謝感激です!鈴木さん×亀田さんによるアレンジも音と声がどんどん伸びていって、まるで青空へ駆け抜けていくような気分になりました。素敵です!原曲の神聖かまってちゃん・の子さんVer、川本真琴さんVerに続き、大好きな曲がもう1曲増えてとても嬉しいです。劇場で聴くのが楽しみで仕方ありません!

・小松菜奈 
この「フロントメモリー」が主題歌になるなんてとっても嬉しいです!
歌声が爽やかで力強く、疾走感がありながらテンポ良く進むリズムがこの映画にぴったりだなと思いました。何度も聴きたくなるような、この感じはなんだろと思うくらいリピートしちゃいます。
鈴木さんと恋雨のコラボレーションが映画館で響き渡るのが私自身とても楽しみです!

・の子(神聖かまってちゃん)
私、神聖かまってちゃんの、の子は今回主題歌と劇伴で参加させていただきました。
元々漫画の中でもフロントメモリーや23才の夏休みという曲などをシーンインさせていただいてました。そして、今回このように作品を共に作る事ができ大変感激しておりますし感謝しています。
映画はとても素晴らしい作品になっております。永井監督はまだ若いのに天才ですね。
大泉洋さんの演技もさる事ながら小松菜奈さんに至っては容姿まであきらそのままです。
眉月先生、作品で出会えた事、嬉しいです。
『巡り合わせ』はあるんでしょうね、ありがとうございます。
最後に映画『恋は雨上がりのように』みなさん劇場に足を運んでください。
そこにあなたが人生で足りなかった何かが、必ず待っています。

・亀田誠治
映画『恋は雨上がりのように』の主題歌は、神聖かまってちゃんの「フロントメモリー」のカバー。
名曲をカバーするってとても大変なこと。
でも、鈴木瑛美子さんが初めて僕のスタジオでこの曲を歌った時に、その心配は一気に吹き飛びました。18歳にして規格外の歌の上手さ。彼女の生歌を聴いた時、「人類はこんなにも進化しているのか!」と驚きを越えて感動したのを覚えています。しかも、瑛美子さんは頑張って歌っているのではなく、楽しんで歌っています。永遠の名曲と未来の歌姫の出会いが、新しい「フロントメモリー」を生み出したのです。

・鈴木瑛美子
初めてこの曲を聴いたときには、自分が歌うというイメージが湧きませんでした。私はバラードやスローな曲が得意なので、アップテンポで言葉数が多い曲はあまり歌ったことがなかったからです。
しかし主人公あきらのストーリーが、中学生時代にバレーボール部でケガをして休んでいた自分のストーリーと重なり、レコーディングでは感情移入して歌うことができました。
そして亀田さんのアレンジが素晴らしく、前奏から心が締め付けられるようなサウンドになっています。全曲通してお楽しみください。

◎リリース情報
オリジナル・サウンドトラック『恋は雨上がりのように』
2018/5/23 RELEASE
WPCL.12897 2,600円(tax out.)

主題歌「フロントメモリー」
2018/5/11 RELEASE
先行配信開始

◎公開情報
『恋は雨上がりのように』
2018年5月25日(金)東宝系にて公開
(c)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (c)2014 眉月じゅん/小学館

関連記事リンク(外部サイト)

シェネルの名曲「Happiness」女子高生天才ゴスペルシンガー鈴木瑛美子がカバー
LINE音楽レーベル「LINE RECORDS」本格スタート! 第一弾シンガーは“歌うまJK” 鈴木瑛美子
JY(知英) 岩井俊二とのプロジェクト参加Pに亀田誠治/Seiho/MONJOE(DATS、yahyel)ら

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。