体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベジタリアンライフスタイル誌『Veggy』編集長が考える“食と体”

ベジタリアンライフスタイル誌『Veggy』編集長が考える“食と体”
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」。4月1日(日)のオンエアでは、フードディレクター・野村友里が、ベジタリアン・ライフスタイル誌『veggy(ベジィ)』編集長・吉良さおりさんをお迎えし、食と健康の関係について伺いました。

■吉良さおりの食育

長年ベジタリアンである吉良さんは、日々どのような生活を送っているのでしょうか?

吉良:食生活は、基本的にはプラントベースなんです。子どもが3人いるので、子どもたちにはベジ、ノンベジっていう選択は、もうちょっと大人になってから自分の考えでしてほしいなって思います。今、食の安全性が垣間見られる映画がたくさんあるので、小学校5〜6年生とか、わかるような歳になったら、そういう映画を見せて「どう思う?」って。特にベジでもノンベジでもどちらでもいいんですけど、食の安全性とか環境については、早いうちから気づいてほしいなと思います。

■ベジタリアンを始めるには?

続いて、ベジタリアン生活を始めるにあたり、まず何からスタートすればよいかを伺いました。

吉良:スタートするときに、毎日必ず使う調味料とかお米とか、そういうものから、オーガニックや古代製法のものに変えることを提案しています。いきなり全てオーガニックは難しいですし、ちょっとベジな生活を取り入れたいのであれば、1日1食とか、1週間に数食でもいいと思うんですよね。

現代社会の食生活であれば、1食に1回、100パーセント野菜のみという取り組みがちょうどいいのでは、と吉良さんは言います。

食のバランスに関しては、ベジタリアンライフスタイル誌『veggy』をぜひ手に取ってみてください。6月10日(日)には、渋谷東武ホテルにて『veggy』創刊10周年を記念したイベント「veggy10周年アニバーサリーフェスティバル」が開催されますので、ベジタリアンライフに興味がある方は、こちらも併せてチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy