体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンビニより多いお寺を活用! 宿泊できるサービスとは

コンビニより多いお寺を活用! 宿泊できるサービスとは
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「TANAKA KIKINZOKU GROUP SWITCH FOR 2021」。4月1日(日)のオンエアでは、お寺に宿泊できるサービス「お寺ステイ」に注目しました。

■実はコンビニより多い! お寺の活用法

実は、お寺の数はコンビニの数よりも多く存在します。ところが、空いているお寺や、廃寺がたくさんあり、お寺の中にも使っていないスペースがたくさん存在します。「お寺ステイ」は、そんなスペースを有効活用し、人が集う場を提供するサービスです。

「お寺ステイ」代表の雲林院奈央子さんによると、泊まることによって心と体を整える、「セルフクレンズ」ができるそうです。

雲林院:お寺に泊まるという、他にはないスペシャルな雰囲気の中で、スペシャルな気持ちになる。それに付随して、瞑想、香道(お香を楽しむ)などを体験することができます。

高級旅館のような内装のお寺もあれば、「人が集まってほしい」と、手直しをしているお寺もあります。利用者が増えることに対して、お寺の関係者はどのように感じているのでしょうか?

雲林院:お寺の関係者は「自分のお寺に集まってきてほしい」と思っているので、すごく喜んでます。もっと活用したいけど、どうすればいいのかわからない、というのが共通の悩みだったので。人が集まって、悩み相談や、お菓子を食べたり、お茶を飲んだりするのが楽しいと言ってもらえます。

■きっかけは、外国人を案内したこと

雲林院さんが「お寺ステイ」を始めようと思ったきっかけは、仕事で外国人をさまざまな場所に案内していたところ、お寺に連れて行くと一番喜ばれたという体験です。「日本の素晴らしさを伝えるには、お寺に滞在してもらうのが一番ではないか」と考えたと言います。

雲林院さんは「これからも、お寺を蘇らせていきたい」と話します。お寺からの要望も多く、地方になればなるほど、空いてるお寺を活用したいという相談をよく受けるそうです。気になる方は、ぜひ「お寺ステイ」のサイトを覗いてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:日曜6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。