体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「対話」をしないから“生産性”が上がらず、忙しいのだと思います――『ナラティブ・アプローチ』研究者の宇田川元一氏に聞く“生産的コミュニケーション”

「対話」をしないから“生産性”が上がらず、忙しいのだと思います――『ナラティブ・アプローチ』研究者の宇田川元一氏に聞く“生産的コミュニケーション”

若手リーダーとして、コミュニケーションをとることは大事だと分かりつつも、業務効率化が求められる中で思うようにコミュニケーションが取れず、モヤモヤを抱えている人も多いのではないでしょうか? イノベーティブな組織の実践に、“ナラティブ・アプローチ”の観点から研究をする、埼玉大学大学院准教授の宇田川元一先生に、組織が生きて自分も生きるために必要な視点と考え方について聞きました。

宇田川 元一(うだがわ もとかず)

埼玉大学大学院人文社会科学研究科 准教授

1977年東京都生まれ。早稲田大学助手、長崎大学経済学部講師・准教授、西南学院大学商学部准教授を経て、2016年より現職。専門は組織論、経営戦略論。イノベーティブな組織をいかに創り実践するかについて、社会構成主義に基づくナラティブ・アプローチの観点から研究を行っている。2008年度経営学史学会賞(論文部門奨励賞)受賞。東京・神田にある埼玉大学経済経営系大学院で社会人教育に携わる傍ら、Biz/Zineをはじめとするさまざまなメディアへの執筆、講演多数。

“ナラティブ・アプローチ”は対等な関係性を築き、対話を生む

—宇田川先生が組織づくりの研究に取り入れている“ナラティブ・アプローチ”という方法とは、どのようなものなのでしょうか。

社会構成主義という思想の実践の方法で、もともとは医療や臨床心理の分野で1990年代から展開されてきました。それまでは医師やカウンセラーなど(専門家)が、専門家の立場を崩さずにクライアントの問題を解釈することが良い支援であると考えられてきました。つまり、支援者は正しいことが分かっていて、クライアントはそれがわからない人、という暗黙の了解がそこにはあったわけです。しかし、専門性がかえってクライアントの語り得ない苦しみを理解する妨げになっていることに一部の実践者たちが気付き始めました。そこで、「専門性を一度脇において、クライアントの語りをまずは正しいものとして聴いてみよう」という新たな思想が生まれました。そうすることで、対話が可能になり、今までとは全く違う語りが生みだされ、それによって問題の解消が可能になってきたのです。こうした新しい語りをどう生成していくかを考え、実践的な対話の促進や、対話が生じる関係性について研究するのがナラティブ・アプローチです。

—その方法は、医療現場以外の組織の人間関係にも用いることができるというわけですね。具体的にはどのような場面でナラティブ・アプローチの方法が生かせるのでしょうか。

組織の中でどちらも正しいが故に対立してしまうということはよくありますね。そのような場面で、どちらも自分を正当化することだけを考えていると、対立が深まってしまいます。それを避けようとして、暫定的に自分を押し殺し、話を進めようとすると、モヤモヤした思いはずっと残りますし、そういう形で進めたものは自分でも納得がいかずに進まないものです。そのような場合、一旦、自分の正しさを保留し、意見が違う相手には「相手なりの正しさがある」ことを認めてみます。すると、今まで自分が正しく相手が間違っているという理解の相対化がなされ、対話を行う準備ができます。この状況になると、かなり語ることが変わってくることは想像に難くないでしょう。自分の立場を変えずに相手だけ変えようと説得をすることはよくありますが、それは実は実践的ではないのです。

—ナラティブ・アプローチを取り入れ、違う正しさがあることを認め合い、新しい問題への取り組みの方向性が開かれていくのですね。

ビジネスシーンにおけるナラティブ・アプローチの生かし方

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。