体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

産休明けの40代編集者が、簡単・短時間でインナーユニットを鍛える方法を調べてみた

仕事に復帰した産休明けのアラフォー編集者です。

最近、体型が気になり悩んでいます。とくに下半身のたるみっぷりは最悪で「ケツ、やばいっすよ」と男子スタッフにまで言われる始末…

子供を生み実感したことは、ダイエットサプリメントや痩せる食べ物など、そんな程度でもとのスマートな身体には戻れないということ。だからといってランニングやヨガなどをする時間はありません。(されている方、尊敬します)

どうにか、簡単に身体を鍛えられる方法はないものか? 下記の3つの条件をもとにリサーチをしてみました。「自宅や職場などで気軽にできる」「短時間でできる」「体幹を鍛えなおすことができる」

まず、仕事と家事、育児で忙しいのでスクールやジムに通うのはNG。自宅(職場)などの限られた空間でトレーニングできることも大切です。時間は30分が限度。ただ痩せるのではなく、ゆるんでしまった身体を引き締める筋トレが理想で、できれば“〇〇しながら”できるのがベストです。

リサーチの結果、いくつか気になるものを発見し問い合わせてみると、なんと「実機をお貸ししますよ」と連絡をくださった会社さんがありました。(ふふふ…編集者でよかった!)お言葉に甘え、早速、お借りすることにしました。

トップアスリートも使う『パーソナルパワープレート®』とは?

こちらがお借りした『パーソナル パワープレート®7⁺アクティブマムズ』

『パーソナル パワープレート®』 は、1990 年代にヨーロッパで開発されたトレーニングマシン。上下・左右・前後の「3 次元ハーモニック振動®」が全身をバランス良く刺激し、身体を鍛えることができます。その『パーソナル パワープレート®』の機能はそのままに、産後ケアに特化したプログラムとアクセサリーを加えた上位機種が『パーソナル パワープレート®7+アクティブマムズ』です。2018年3月号の『日経ヘルス』(P56)でも注目の最新マシン&スポットとして紹介されており、なにやら期待がもてそうです。

1秒間に約35回も振動するプラットフォーム。乗ると身体の内側から揺さぶられる感じです。

実際に小刻みに揺れるプラットフォームに立つと、身体のバランスを保とうと筋肉が敏感に反応するのが分ります。この振動が、平常時よりも筋肉の収縮・弛緩の繰り返しを促し、わずか15 分間 のトレーニングで、ジム1 時間分の運動と同じ運動効果を得ることができるそうです。

その機能性の高さは世界中で注目され、健康的な身体の維持からより高度な運動レベルを求めるトレーニングまで、それぞれの目的に合わせて使用することができ、欧米を中心にセレブリティやスポーツ愛好家、トップアスリート、医療機関などで活躍。既に日本でも約1000施設以上の導入実績を誇ります。

気になる中身は…?

本体は、70cm(幅)x47.5cm(奥行)x15.7cm(高さ)。重厚感はありますが場所をとるほどの大きさではない気がします。 ピラティスボール・ダンベル・レジスタンスバンド・セラバンド・レジスタンススロープなどのアクセサリーキットが付属されているので、それらを活用したトレーニングも可能。
1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。