体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ】和菓子の老舗「舟和」風のあんこ玉を自宅でおいしく作るコツ

老舗のあの味が自宅のキッチンで作れちゃう!

有名店のあの味を自分で再現してみよう!ということで、今回は和菓子の老舗「舟和」でおなじみのあんこ玉にトライ!

あんこは手作りして、口溶け良く、上品な甘さを目指そう!
あんこをくるんだ寒天が口の中でプチッと弾ける!舟和風のあんこ玉を自宅で作ってみよう|【再現レシピ】和菓子の老舗「舟和」風のあんこ玉を自宅でおいしく作るコツ

あんこをくるんだ寒天が口の中でプチッと弾ける!舟和風のあんこ玉を自宅で作ってみよう材料(約9個分)

粉寒天=小さじ1
水=250ml

【ねりあん】
さらしあん=75g
砂糖=60g
水=150ml
塩=ひとつまみ作り方

①.鍋に【ねりあん】の材料を入れ、弱めの中火で加熱しながらよく練り合わせる。ツヤが出て水分が飛び、まとまってきたら、火を止める。

再現度を高くするには水分量が大事。市販のねりあんを使う場合は、電子レンジで少し水分を飛ばしてから使うようにしよう。寒天は二重にコーティングすると存在感が出て、食感が楽しめる。
あんこを手で丸められる程度の固さまでしっかり練り上げる。焦がさないよう注意しよう|【再現レシピ】和菓子の老舗「舟和」風のあんこ玉を自宅でおいしく作るコツ

あんこを手で丸められる程度の固さまでしっかり練り上げる。焦がさないよう注意しよう

②.十分に冷めた①を9等分にして丸める。
直径3.5cmにあんこを丸めると本家と同じ大きさになる。つるりとキレイな丸に仕上げよう|【再現レシピ】和菓子の老舗「舟和」風のあんこ玉を自宅でおいしく作るコツ

直径3.5cmにあんこを丸めると本家と同じ大きさになる。つるりとキレイな丸に仕上げよう

③.小鍋に水、粉寒天を入れて火にかけ、2分ほど沸騰させながら寒天を煮溶かす。

④.スプーンなどで②に③の寒天液をかける。表面が固まったら、再度寒天液をかけてあんこをコーティングし、バットなどに並べる。
寒天液は二重にかける。常温でもすぐ固まるので、手早くコーティングを|【再現レシピ】和菓子の老舗「舟和」風のあんこ玉を自宅でおいしく作るコツ

寒天液は二重にかける。常温でもすぐ固まるので、手早くコーティングを

⑤.冷蔵庫でよく冷やして召し上がれ。ぷちっとした食感ととろけるようなあんこのハーモニー!

ころんとしたフォルムがかわいらしいあんこ玉。外側は寒天でぷちっと、中はやわらかいあんこがつまっていて食感も楽しい和菓子が完成した。

午後のおやつや、友達へのおもてなしに、ぜひチャレンジしてみて!

監修=ヤナイユキコ
フードライター。料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

[関連記事]【再現レシピ】「ケンタッキー」風のフライドチキンを自分で作ってみた【再現レシピ】「ガスト」風のチーズINハンバーグを自宅で作ってみた【再現レシピ】「ドトールコーヒー」風のジャーマンドックに挑戦してみた【再現レシピ】「ケンタッキー」風のフライドチキンを自分で作ってみた 【再現レシピ】「ガスト」風のチーズINハンバーグを自宅で作ってみた 【再現レシピ】「ドトールコーヒー」風のジャーマンドックに挑戦してみた

※「CHINTAI2018年2月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2018年3月24日発売号の特集は「家賃 食費 光熱費 まるっと節約ガイド」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。