体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTube本社の銃乱射事件で容疑者死亡、4人の重軽傷者を確認

アップデート:犯人とみられる女性は、4月3日(現地時間)の午後、カリフォルニア州サンブルーノのYouTube本社で銃撃を開始した。

地元警察は報道陣に対して容疑者の死亡を発表。自らの銃弾で自殺したと見られている。少なくとも4人の被害者が負傷し、ザッカーバーグ・サンフランシスコ総合病院に搬送された。現在のところ容疑者以外の死亡者は報告されていない。

CNNによると、被害者のうち36歳の男性と32歳の女性が重体、27歳の女性が軽症だという。

当局は当初、太平洋時間の3日午後1時30分時点で銃撃が続いており、現場にいた人たちを建物から離れるように誘導したと発表した。



3日午後1時頃、YouTube本社に勤務するVadim Lavrusikは、自身のTwitterにて「YouTube本社で銃撃が発生。激しい銃撃と、逃げ惑う人たち。バリケードを張って同僚と部屋にたてこもっている」とツイートした。



GoogleのCEOサンダー・ピチャイは、3日午後に状況が落ち着いたと説明するメモを発表した。

「最新の報告に基づく悲しいお知らせです。この恐ろしい暴力行為により4人が重軽傷を負いました。現段階で彼らやその家族に我々がサポートできることは全て実行します」(ピチャイ)



終日にわたり、多くのソーシャルメディアでYouTube本社に関する報告が絶えなかった。YouTubeのプロダクト・マネージャーを務めるトッド・シャーマンは、人々が逃げる姿を目にした時、自身は会議中だったという。

「我々が出口に向かうとたくさんの人がいて、誰かが銃を持った人がいると言った。クソ」「あの時、私にとって初めて見た人物は、全員が容疑者に思えました。他の誰かが、犯人が裏口を撃ち抜き、それから中の人を撃ったと言いました」(シャーマン)

「下を見ると床や階段に血が垂れていました。脅威が最大限に達し、我々は階下に向かって玄関から外に出ました」(シャーマン)





YouTubeのサンブルーノオフィスは1700人以上の従業員が勤務している。サンフランシスコ州の南部に位置した主要高速道路に隣接するビルで、サンフランシスコ国際空港からもアクセスしやすい。

今回の銃撃は、外部から誰でも近付きやすい20万平方フィートの建物であるメインオフィスで発生したようだ。解放的なロビーには巨大な企業ロゴが設置され、壁のディスプレイでは人気の動画をループで流している。

銃撃犯がどのように建物へ侵入したのかはまだ発表されていないが、YouTuberや彼らのファンが頻繁に訪問する姿が目撃されている。訪問者は受付で身元を確認され、扉の開閉は社員証を持つ従業員のみに制限されている。YouTubeの執務スペースにおける大部分は、オープンフロア型になっている。サンブルーノの複合ビル全体を見ると、GoogleとYouTubeはオフィスのうち100万平方フィート以上の部分を他の企業に貸し出している。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。