体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に大切なのは、「どんなふうに働きたいか」。リファラル採用の「リアル」

昨今、採用の新たな形として注目が集まる「リファラル採用」。社員から自社の社風や価値観と近い人を推薦してもらうことで、より企業文化とマッチした人材の採用が期待されています。

日本でもベンチャー企業を中心にリファラル採用が実施され、SNS時代に適した採用手法の一つとなっています。リクルートキャリアでも2015年秋から公式に導入され、新たに多くの社員が入社。今回は、実際にリファラル採用によって転職を果たした社員と、彼女を取り巻く仲間たちの言葉から、「リファラル採用のリアル」を紐解きます。

 

f:id:katsuse_m:20180130173351j:plain

阿部汐里(あべ・しおり。写真左)

 営業

中途メディア事業本部 営業統括部 営業3部 1グループ

 

遠藤季奈(えんどう・きな。写真中央)

リクルーティングアドバイザー

エージェント事業本部 第一エージェントサービス統括部

コンシューマサービス営業2部 3グループ

 

山田明(やまだ・あきら。写真右)

キャリア採用担当

アドミニストレーション総括室 人事部 キャリア採用グループ

 

大学時代から苦楽をともに。社会人になっても「心を打ち明けられる親友」

 

――二人が知り合ったきっかけは?

 

阿部 私と季奈が同じ大学で、同じダンスサークルだったんです。2年生の時に学年から代表者4名を選ぶんですけど、私たちはそのうちの二人で。300名くらいのインカレサークルだったので、まとめるのも大変だったんです(笑)だから、「親友」ですよね。家の最寄駅も隣同士で、就活も一緒に情報交換しながら、私の家に5人くらいで集まって、一斉にES(エントリーシート)書いてました。

 

遠藤 面接対策もやったよね。「志望動機を教えてください」とか、声出して(笑)

 

阿部 みんな志望業界はバラバラだったけど、いい意味で高めあいながら就活してましたね。

 

f:id:carraria:20180220200718j:plain

 

――そして阿部さんはリクルートキャリアへ、遠藤さんは洋菓子メーカーへ就職したんですね。志望通りだったのですか?

 

阿部 私がリクルートキャリアを受けたのはたまたまだったんですけど、選考を受けているうちに、本当にいい社員さんたちが楽しそうに働いているなぁ、と思って。最終的には「人」で決めました。

 

遠藤 私は就活中、軸がブレブレで……。でも、人と接することが好きだなと思って、接客・サービス系の会社を受けて、内定をもらった2社のうちの一つが、前職でした。洋菓子って、家族の団らんやお祝いごとに購入されるじゃないですか。そういう日常のシーンで喜んでもらえたらうれしいなぁ、と思って入社を決めたんです。

 

――それぞれ仕事が始まると、忙しくなって疎遠になってしまうこともありますが、お二人はいかがでしたか?

 

遠藤 結構頻繁にやり取りしてましたね。家も近いので、「あ、今日ほんとムリだ。飲みに行こう」みたいな感じで(笑)忙しくても、なんとか時間を作って会っていました。

 

阿部 特に仕事について、適宜LINEで報告もしてくれたんですけど、話を聞けば聞くほど、「もったいないなぁ」と思っていたんです。季奈と私は似ているところがあって、価値観も近い。物事を進めるときに、ちゃんと課題を捉えたうえで、より良くするためにはどうすればいいか、自分で考えて行動するほうなんです。自分がちょっと苦しい思いをしたとしても、黙っていられないというか。だから、当時の職場では、彼女の良さが活かせていないな、って。

1 2 3 4次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。