体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

紛失時に役立つ「iPhoneを探す」機能 使い方や設定方法、注意点まで徹底解説

普段からいくら気をつけていても、iPhoneの「紛失」や「盗難」はやはり不安だ。

失くしたときの紛失盗難補償の負担金の出費が痛いだけでなく、クレジットカードの情報や連絡先漏洩の可能性や、個人情報の悪用などには特に気をつけたい

そこで今回は、iOSに標準搭載されており、iPhoneを紛失してしまったときに役立つ「iPhoneを探す」機能の使い方を解説。iPhoneを紛失しない自信のある人も「備えあれば憂いなし」。この機能を使えば、端末の大まかな場所がわかり見つけやすくなるほか、悪用を防ぐために遠方から端末をロックすることができる。

「iPhoneを探す」って、なにができるの?

まず、「iPhoneを探す」機能を使ってできることを以下にまとめてみた。

追跡機能(GPSを使ってiPhoneの現在地を追跡できる)
遠隔ロック(iPhoneを遠方からロックして操作できないようにする)
遠隔データ消去(遠方からiPhoneのデータを消去できる)
音を鳴らす(音を鳴らして捜索を助ける)
iPhoneに電話をかける(発見者がいた場合コンタクトをとることができる)
紛失したことをiPhoneに表示する(紛失メッセージと電話番号を画面に表示して発見者に知らせる)

これらの機能を使うためには、いくつか設定しておく条件がある。

「iPhoneを探す」を使うために必要な3つのステップ

①iCloudにサインインする
「iPhoneを探す」機能を使うためには、iCloudにサインインしている必要がある。サインインをするためにはApple IDが必要なので、まずはIDを取得しよう。

IDはiPhoneの初期使用時に設定している人がほとんどだが、登録していない人はApple公式サイトの「Apple IDを作成」ページから名前や生年月日を入力してIDを取得しよう。

IDを取得したら、次はiCloudにサインイン。ホーム画面から[設定]>[iPhoneにサインイン]。登録したIDとパスワードを入力すればiCloudにサインインできる。

こちらの記事もあわせてどうぞ
Apple IDの変更方法と事前準備 バックアップからパスワード管理まで一挙紹介

②「iPhoneを探す」機能をオンにする
iCloudにサインインしたら、次は「iPhoneを探す」機能をオンにしよう。

設定方法は[設定]>[アカウントとパスワード]>[iCloud]>[iPhoneを探す]>オン。

画面では機能のオンオフと、バッテリーが少なくなったときに位置情報を自動送信するかどうかを設定できる。後述するが[最後の位置情報を送信]をオンにすると、iPhoneの電源が切れても最後の位置情報を特定することができるので、ここはオンにしておくといいだろう。

③位置情報をオンにする
ここで最後のステップ。「iPhoneを探す」機能はiPhoneのGPS情報がなければ使えない。そのため位置情報もオンにしておく必要がある。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。