体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉・肉・肉!GW恒例「肉フェス」が3都市で同時開催


今年も「肉フェス」がやってきた!昨年は500万人を超える来場者で盛り上がりを見せ、今やゴールデンウィークの風物詩ともなりつつあるこのイベントが、東京、大阪に次いで今年は広島にも上陸。開催期間は4月27日(金)~5月6日(日)の10日間で、3会場同時開催となる。高級牛はもちろん、小腸やシマ腸をミックスして焼き上げたホルモンやチーズダッカルビ、沖縄あぐー豚を使ったトンテキ、宮崎地頭鶏の炭火焼焼き、さらに餃子や小籠包などの有名店の出店もあり、安くて旨い肉料理が豊富に並ぶ。


今年の「肉フェス」で絶対に外せない2大メニューがあるそうだ。まずは、焼肉好きの間で最も人気が高い「牛タン」。わずかにしか取れない希少価値の高い北海道の特上牛タンや、和歌山の熟成とろ牛タンをはじめ、伝統の味を誇る仙台、その他大阪、九州などから「肉フェス」が厳選するこだわり牛タンが勢ぞろいする。


次は「肉寿司」。口の中でとろける食感に和牛の脂の甘みが堪能できる絶品の数々。また温度管理を徹底し旨味を凝縮させたローストビーフの肉寿司や北海道の幻の黒毛和牛で地元でも口にすることが難しいと言われる「おびら和牛」の肉寿司など、贅沢なメニューが満載だ。

さらにメディアの注目を集めるのが「飲めるハンバーグ」。その名の通り、飲めるほどの柔らかさを実現した奇跡のハンバーグだ。その他、国産牛100%の肉バーガーに北海道のクラレットチーズをたっぷりかけた贅沢バーガーや大麦牛の赤身ステーキなども存分に堪能したい。

「牛タン」に「肉寿司」に「飲めるハンバーグ」…肉好きにはたまらないラインナップ!今年のゴールデンウィークは新たな肉フェスの魅力を思いきり楽しみたい。

■「肉フェス TOKYO 2018」
開催場所:お台場特設会場 お台場青海地区P区画
住所:江東区青海1-1-16

■「肉フェス OSAKA 2018」
開催場所:長居公園 自由広場
住所:大阪市東住吉区長居公園1-1

■「肉フェス HIROSHIMA with 世界のビールとグルメスタジアム 2018」
開催場所:旧広島市民球場跡地
住所:広島市中区基町5-25

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy