体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】1LDKで二人暮らし! シンプルかつ居心地のよい家具レイアウトとは?

空間と思考の整理が重要生活動線を考えぬいたライフオーガナイザーの部屋づくりとは?

こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は東京都墨田区の1LDKの賃貸物件に夫婦で二人暮らしをしているライフオーガナイザー、こずこずさんを訪問。

ライフオーガナイザーとして、上手に家具を配置して、シンプルかつ、夫婦二人が心地よく過ごせる空間をつくっている。今回は、その部屋づくりのポイントやコツについて聞いてきた。
1LDKの賃貸物件に夫婦で二人暮らしをしているライフオーガナイザー・こずこずさんに、こだわりの部屋づくりを学ぶ!|【インテリアコーディネート術】1LDKで二人暮らし!シンプルかつ居心地のよいレイアウトとは?

1LDKの賃貸物件に夫婦で二人暮らしをしているライフオーガナイザー・こずこずさんに、こだわりの部屋づくりを学ぶ!プロフィール

名前:こずこずさん
職業:事務職
居住地:東京都墨田区 森下駅より徒歩3分
居住年数:6ヵ月物件データ

間取り:1LDK
築年数:29年

「暮らしの最適化」をお手伝いするプロであるライフオーガナイザー1級の資格を持つ、こずこずさん。10代の頃からインテリアに興味を持ち、実家の自分の部屋をディスプレイすることから始まり、一人暮らし、結婚後の二人暮らしと移行するにつれシンプルに暮らす方向に変化してきたという。

部屋づくりのポイントは過剰に家具を減らさないこと。ミニマリズムにこだわりすぎない、最小限で快適な生活を心掛けているという。
ライフオーガナイザーのこずこずさんが住むのは、リビングの奥が寝室になっているタイプの1LDKの賃貸物件|【インテリアコーディネート術】1LDKで二人暮らし!シンプルかつ居心地のよいレイアウトとは?

ライフオーガナイザーのこずこずさんが住むのは、リビングの奥が寝室になっているタイプの1LDKの賃貸物件①.シンメトリーな配置でホテルライクに

ベッドを真ん中に置き、ベッド脇の両側に収納と照明を置くことで、枕元に夫婦それぞれのスペースをつくった。各々お気に入りの雑貨を置いたり、寝る前に読む雑誌や本などを収納している。
ベッド横にキャビネットをシンメトリーに置くことでホテルのような空間に|【インテリアコーディネート術】1LDKで二人暮らし!シンプルかつ居心地のよいレイアウトとは?

ベッド横にキャビネットをシンメトリーに置くことでホテルのような空間に②.スチール製の棚をシューズラックとして使用

事務用として使われることが多いスチール製の棚をシューズラックとして使用。

「棚の高さも自由に変更できて便利ですよ」とこずこずさん。夫婦のサイズや形が違う靴を収納することができる。マグネットフックで鍵や靴べらを掛けることもできるので、自由度が高い。
壁紙の色とあわせたスチール製の棚をシューズラックにすることで、部屋の雰囲気に上手く馴染ませている|【インテリアコーディネート術】1LDKで二人暮らし!シンプルかつ居心地のよいレイアウトとは?

壁紙の色とあわせたスチール製の棚をシューズラックにすることで、部屋の雰囲気に上手く馴染ませている③.好みの布でソファをアレンジ

ソファカバーとして大きな布を活用。ズレ防止のために安全ピンで固定している。専用カバーを購入しなくても好みの布でアレンジができるのがいいところ。比較的安価なのもうれしい。
お気に入りの生地の布をソファカバーに。布をソファに取り付ける場合、安全ピンは背もたれの後ろ側に留めよう|【インテリアコーディネート術】1LDKで二人暮らし!シンプルかつ居心地のよいレイアウトとは?

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。