体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

糖質制限で老化が早まる!?食事でダイエットする基本をおさらい

糖質制限で老化が早まる!?食事でダイエットする基本をおさらい

糖質制限の結果、短命になったというマウスの実験結果が話題に

先日、糖質制限をすると老化が早まったり、短命になるというマウスの実験結果が話題となりました。最近流行りのダイエット方法として糖質制限を意識している方は、とても驚かれたと思います。

糖質制限の性質としては、簡単、単純でわかりやすいので、すぐに取りかかることができて、早いスピードで体重を落とせることです。なので、スポーツジムのプログラムに取り入れられているところが多いと思います。

糖質(炭水化物)の摂取でなぜ太るのか?「インシュリン」の働きがカギ

ご飯や、パンや、うどんなどの炭水化物は、血糖値を早く上げます。血糖値が上がると膵臓から出てくるホルモン『インシュリン』は、別名『太るホルモン』と呼ばれています。インシュリンは、血液中の糖を細胞に渡す鍵のような大切な役割があります。

しかしインシュリンが出過ぎると、血糖値を下げ、空腹状態を作りますので、インシュリンが出やすい食事はいつもより食べ過ぎてしまいます。それから、細胞に渡しきれなかった糖は、インシュリンの影響で中性脂肪として蓄えられてしまいます。すなわち、糖質(炭水化物)とインシュリンの関係を考えることがダイエットにつながるということです。

確かに、太って私のサロンにいらっしゃった原因は、炭水化物の取り過ぎが原因のかたが圧倒的に多いです。

糖質制限はストレスの原因にもなりえるので、それだけで減量するのは過酷

だからといって、炭水化物が大好きで太ったかたに、糖質制限だけでダイエットを勧めるのは、非常に過酷なことで、糖質と上手に付き合いながらダイエットを進めていく必要があると思います。

マウスの実験の結果から思うことは、極端に炭水化物を控えたストイックな方法で大量のストレスが発生したのではないかとうかがえます。

食事を工夫してダイエットする場合の基本を確認

1.『ま・ご・わ・や・さ・し・い』食事で栄養バランスを考える

糖質は、蛋白質、脂質と並ぶ3大栄養素の一つとして、私たちの体にはなくてはならない大切な栄養素です。ただ、この3大栄養素だけではなく、そこにいろんな栄養を取り入れ、代謝の良い健康な体へ変えていかなくてはいけません。

私の提唱するダイエット方法は、細胞に活力を与え、エネルギーを作り出し、老廃物をさっさと出せる循環の良い体になることです。脂肪をエネルギーに変えることのできるパワフルな細胞にするには、毎日の食事で、心も体も元気になっていくことが大切です。

それは、いろんな栄養を毎日摂取すること。栄養は、チームで働いていますから、それぞれの代謝に必要な栄養を摂取することです。難しく考えなくても大丈夫です。

『ま・ご・わ・や・さ・し・い』を一日通して、摂取できることを毎日意識します。簡単に紹介しますと、【ま】豆類、【ご】ごま(種子)類、【わ】わかめ(海藻類)、【や】野菜、【さ】魚、【し】しいたけ(きのこ類)、【い】芋類をバランスよく摂取するということです。
ま・ご・わ・や・さ・し・いの具体的な内容はこちら→コラム『「まごわやさしい」って聞いたことはありますか?』

2.食物繊維を先に摂る

野菜、海藻、きのこや、コンニャクなどの食物繊維を先に摂ることで、糖の吸収を緩やかにし、インシュリンの出過ぎを防ぎます。

3.ゆっくりと時間をかけて、よく噛んで食べる

一口に20回から30回噛むことで、胃に送る糖が少しずつになることで、急激な血糖値の上昇を防ぎ、満腹感も得やすい。

4.低GI値の食品を選ぶ

GI値とは、血糖値の上昇率を示します。GI値が高いほど血糖値が上昇しやすく、インシュリンの分泌が増え、脂肪細胞の分解が抑制されるやすくなります。低GI値の食品を選ぶことで血糖値の上昇をゆるやかにしてインシュリンの分泌を抑えることができるので、太りにくい食事になります。

☆高GI値食品(70以上)は、
穀物、パン、麺類では、白米(81)、フランスパン(93)うどん(85)もち(80)コーンフレーク(75)白い食パン

野菜、イモ類では、じゃがいも(90)、人参(80)、とうもろこし(70)
これらのものは、なるべく量を減らし、食べたいときは日中が好ましい。特に夜は控える。

1 2次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。