体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バリ島でしか体験できない30のこと

エメラルドグリーンの海に神聖な寺院の数々、風で揺れる木々の緑に、道端をのそのそと歩く野良犬たち。どこか自由で、懐かしいバリ島の風景。一度訪れたなら、きっとあなたも虜になってしまうはず。

そんなバリ島にせっかく訪れるなら、取りこぼしなく、120%バリ島を楽しむプランを事前に知っておきたいと思いませんか?

ということで今回は、昨年の夏にバリ島を訪れ、その魅力にどっぷりハマってしまった私キタトモミ(@tbp_tmp12)が、バリ島でしか体験できない30のことをご紹介します!

 

1.テガラランのライステラスで猫と戯れる

photo by kita tomomi

ウブドから8km北に行った所に、テガララン村という小さな村があります。この村を南北に走る川沿いに広がるのが、テガラランのライステラス(棚田)です。

バリ島は主食がお米ということから稲作が農業の中心であり、観光に棚田は外せません!

photo by pixta

バリ島には世界遺産になっているジャティルイという広大な棚田がありますが、クタの南部から1〜2時間とアクセスがあまりよくなく、ウブド観光と合わせて行けるテガラランがおすすめです。

photo by kita tomomi

規模は小さいものの、近隣のカフェから景色を臨めたり、写真に収まるちょうどいいサイズであることから観光客にも人気です。

あたりには人馴れした野良猫がちらほらと姿を見せてくれるので、ぜひ自然と動物が好きな方は訪れてみてください。
■詳細情報
・名称:テガラランのライステラス
・住所:Jalan Tegallalang, Tegallalang, Kabupaten Gianyar, Bali 80561 インドネシア
・アクセス:

 

2.ウブドの田舎道をサイクリング

photo by kita tomomi

バリ島を訪れた人が高確率で好きと口にするのが、ここウブドです。ウブドはバリ島中部の高地にある静かな村で、伝統工芸や舞踊の中心地とされています。

村には田園風景が広がり、野良犬や鶏がのんびりと歩いていることも。よく子供たちの笑い声が聞こえてくる、のどかな村です。

Tomomi Kitaさん(@tbp_tmp12)がシェアした投稿 – 10月 10, 2017 at 7:37午後 PDT

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。