体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BLUE ENCOUNT・辻村勇太「怖い!バンドをするしかない!」 ヤンチャな先輩に脅された過去

BLUE ENCOUNT・辻村勇太「怖い!バンドをするしかない!」 ヤンチャな先輩に脅された過去
J-WAVEで放送中の番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月30日(土)のオンエアでは、BLUE ENCOUNTからベーシスト・辻村勇太さんをゲストにお迎えし、お届けしました。

■音楽を始めたきっかけ

辻村さんが初めてバンドを組んだのは中学生の頃。当時、ヤンチャな先輩から「お前ら、ちょっとバンドやってみるか」と言われたことがきっかけだそう。

辻村:半分脅しで始めた、みたいな。たまたまつるんでいた5人でバンドを組んだんです。「それがダメだったら、俺らとヤンチャするか」みたいな。「俺らとヤンチャするのがイヤだったら、バンドやってこのチケットを売りさばけ」って言われて。

辻村さんたちは、「怖い! バンドをするしかない!」と思い、バンドを結成。辻村さんはギターをやりたかったものの、他のふたりもギターを選択。そこで、ベースは様々な音楽ジャンルにいることに加え、ひとりでいいから被らないということに気づき、最終的にベースを選びました。

辻村:争いごとが嫌いで。あと、ベーシストだけど目立ちたいというのがあったんで。ギターがふたりだと、「ギターソロをどっちがやる?」みたいな話になるのもイヤだなって思って。それでベースを選びました。

■25バンド以上も組んだ高校時代

高校から音楽の専門学校に行きたいと思った辻村さんは、母親に「俺には音楽しかない!」と訴えます。しかし、ベースは買ってもらえたものの、「高校だけはちゃんと行きなさい。それでもやりたいんだったら専門学校に行きなさい」と説得され、高校に進学しました。

高校でもさっそくバンドを組んだ辻村さん。しかし、プロを目指していたため、メンバーと自身のモチベーション差に憤りを感じたと言います。

毎日ライブをしたいと思っていた辻村さんは、メイン以外に、社会人バンドにも加入。ライブに明け暮れる日々を送り、「高校のときだけでも、たぶん25バンド以上は組んでました」と明かしました。

■BLUE ENCOUNTには、別のベーシストがいた

そんな辻村さんがBLUE ENCOUNTに加入したのは20歳の頃。今年でちょうど10年目になります。BLUE ENCOUNTは元々、熊本県で田邊駿一さん(Vo/Gt)、江口雄也さん(Gt)、高村佳秀さん(Dr)の3人で結成。横浜出身の辻村さんは、みんなが通っていた音楽の専門学校で知り合いました。

実は当時、BLUE ENCOUNTには別のベーシストがいたそうですが、1学年下だったため、田邊さんら3人が先に上京し、専門学校へ入学。ベーシストが高校を卒業するまでの間、辻村さんはサポートとしてバンドに入っていました。

しかしある日、そのベーシストと東京で音合わせをしたところ、「辻村のほうがいい」となり、正式なメンバーとして迎え入れらることに。辻村さんは、「そこで求めてくれたのは、嬉しいなって思いましたね」と振り返りました。

さまざまな人たちとバンドを組んだ経験を、BLUE ENCOUNTに活かす辻村さん。今後の活躍にも注目です。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAPPORO BEER OTOAJITO」
放送日時:土曜18時−18時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy