体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関西】潮干狩りができるおすすめスポット8選!

【関西】潮干狩りができるおすすめスポット8選! 潮干狩り

宝さがし気分で子どもも大人も夢中になって探して、採った後は美味しく調理して楽しむことができる「潮干狩り」。自分で採ったアサリはまた格別!

関西地区でおすすめの潮干狩りスポットをご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

大阪府の潮干狩りスポット

二色の浜潮干狩り場

二色の浜潮干狩り場出典:じゃらん 観光ガイド 二色の浜潮干狩り場

南海電気鉄道南海本線二色浜駅から徒歩10分、全長約1kmの広々とした、貝塚市二色の浜。毎年4~6月頃に潮干狩りが解禁され、大勢の家族連れで賑わっている。この潮干狩り場では、干潟へ入場料(大人1500円/こども750円)を払って入り、もって帰るのは拾った貝のうち大人800g/こども400gまで、というシステム。熊手などのレンタルも行ってます。

心地いい春の潮風に吹かれながら、家族総出でザクザク貝をとって海で思いきり遊び、二色の浜名物の貝めしや貝鍋も味わおう。ちなみに潮干狩りは潮の満ち引きによって最適な時間帯が異なるため、出かける前に二色の浜観光協会、または第五管区海上保安本部海洋情報部や大阪府などから発表される「潮干狩りカレンダー」をチェックすることをおすすめしたい。

\口コミ ピックアップ/

潮干狩りの時期になると沢山の家族連れで賑わいます。とても沢山の美味しいあさりが採れて持ち帰りができるのでとても楽しいです。

(行った時期:2016年10月)

毎年、海水浴に潮干狩りに行っています。子供たちを連れて行くといつも大満足しています。結構美味しいですね。

(行った時期:2017年6月) 二色の浜潮干狩り場

住所/大阪府貝塚市澤871

「二色の浜潮干狩り場」の詳細はこちら

ときめきビーチ(淡輪海水浴場)

ときめきビーチ(淡輪海水浴場)出典:じゃらん 観光ガイド ときめきビーチ(淡輪海水浴場)

大阪難波から電車で1時間、大阪の最南端に程近いときめきビーチ(淡輪海水浴場)は、広々とした白い砂浜と水がきれいなビーチ。古くは紀貫之の「土佐日記」や「万葉集」にも登場する岬町の海岸のひとつで、近隣の長松海岸やせんなん里海とともに白砂青松で有名な景勝地として親しまれてきた。現在は、3月下旬から6月上旬にかけては潮干狩り、7月1日から8月下旬までは海水浴場として大勢の人でにぎわう大阪屈指のリゾートビーチ。砂浜には、競技用を含むいくつものビーチバレーコートが設けられていて、本格的にビーチバレーを楽しめる。夏の海水浴シーズンには、「淡輪駅」からのシャトルバスも運行している。

\口コミ ピックアップ/

とてもきれいなビーチです。潮干狩りも出来るし、夏は海水浴場としても使えるし、バーベキューもできる、オールマイティなビーチです。

(行った時期:2016年8月)

夏は、潮干狩りやバーベキューなどで賑わう、海水浴場です。ビーチバレーなども行われていて楽しかったです。海も綺麗です。

(行った時期:2016年8月) ときめきビーチ(淡輪海水浴場)

住所/大阪府泉南郡岬町淡輪地先

「ときめきビーチ(淡輪海水浴場)」の詳細はこちら

せんなん里海公園

せんなん里海公園出典:じゃらん 観光ガイド せんなん里海公園
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy