体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニソンを特集した「アニソンぴあ」が誕生。ワルキューレ、Kalafinaを大特集!

ぴあ株式会社より雑誌「アニソンぴあ」が誕生、4月3日に発売となりました。雑誌「アニソンぴあ」は“2010年代以降のアニソン女子”をキーワードに、ライブレポート、アーティストインタビューなど、あらゆる切り口から、アニソンシーンの“現在”に迫る雑誌。同誌では、「ワルキューレ」、「Kalafina」、他を特集しています。

表紙はテレビアニメ「マクロスΔ」から生まれた戦術音楽ユニット「ワルキューレ」。同誌の巻頭特集「アニソン女子の現在」Part1では、2018年2月24日、25日に行われた3rd LIVE「ワルキューレは裏切らない at横浜アリーナ」の2daysライブレポート、音楽プロデューサーインタビューなど、ワルキューレの魅力と成長を音楽面から紐解きます。

「アニソン女子の現在」Part2では、3月30日よりドキュメンタリー映画「Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~」の上映が始まった3人組のグループ「Kalafina」を特集。3月に行なわれた「Toyosu Music Collaboration」に登場する直前のメンバーを取材し、グループの軌跡を振り返ってもらっています。

そして第2特集「アーティスト・アニソン作家の現在」では、アニメ「けものフレンズ」のオープニングテーマの作詞作曲を手掛けたオーイシマサヨシさん、数々のアーティストの楽曲をプロデュースしているミトさん(クラムボン)を特集。さらに地球防衛部 HKの声優陣、声優の早見沙織さんなども登場します。

「アニソンぴあ」は4月3日(火)発売です。CUT (カット) 2016年8月号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。