体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「夕方に事故が多い」定説を覆す ITの力でバス業界を変える小湊鐵道の安全対策に密着

「小湊バス」の前で微笑む小湊鉄道 バス事業部の小杉直次長とKDDI株式会社 ビジネスIoT推進本部の原田圭悟

近年、バスドライバーの疲労や健康上のトラブルに起因する事故が社会問題になっている。国土交通省は昨年末に、運転中の乗務員の表情変化やわき見運転など、いわゆる「ヒヤリ・ハット(突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりすること)」といった状況のデータ収集と、それを活用した安全教育の実施を目的とするためにドライブレコーダーの装着を義務付けるなど、国をあげた対策が進みつつある。

そんななか、里山トロッコ列車や沿線風景が文化遺産として指定され、全国のローカル路線ファンに知られる千葉県の小湊鐵道(こみなとてつどう)と、KDDIがタッグを組み、通信技術によって路線バスの危険運転を防止するための実証実験が行われた。

バス運行の安全はどのように変化しているのか? 小湊鐵道にバスの最新事情とあわせて今回の実証実験の中身について伺ってきた。

路線バスはハイテク化が現在進行中

小湊鉄道 バス事業部の小杉直次長
小湊鉄道 バス事業部の小杉直次長

訪れたのは小湊鐵道バス部。県民からは「小湊バス」の愛称で知られ、千葉駅周辺エリアを皮切りに、内房、外房にまたがる広いエリアで路線バス、房総から都心を結ぶ高速バスなど都市間交通としても活躍する県民の足となっている。

「全国的に知名度が高いのは鉄道事業の方ですが、バス事業も会社の大きなウエイトを占めているんです」

お話を伺ったのは、今回の実証実験を推進した小湊鉄道の責任者でもある小杉直さん。

少し赤みがかったクリームに、オレンジとグレーの3トーン。一見すると昭和レトロな風情を醸し出しているカラーリングの「小湊バス」だが、最先端の安全対策を施された車両ばかりなのである。

「昨年、当社ドライバーが業務中に体調を崩し、意識がもうろうとした事象が起きました。幸い、乗客にもドライバーにもケガはなかったのですが、改めて一から安全対策をハード面、ソフト面から徹底しているところです」

その一例を紹介すると……

デジタルタコグラフとドライブレコーダー
デジタルタコグラフとドライブレコーダー

まずはバスの走行時間・走行速度を記録するデジタルタコグラフ、夜間撮影にも対応した高感度・高画質のドライブレコーダー。またこれら機材により取得された各車両からの画像や位置情報などのデータを、LTE回線を通じてリアルタイムで運行管理者に送信するシステムも一部導入を進めているという。

また、高速バスや観光バスには最新のレーダーを備えた衝突軽減ブレーキ付きの車両も導入されるなど、今やバスは巨大な通信モジュールとなりつつある。

欲しいデータは『ヒヤリ・ハット予備群』

運転中のバスのドライバー

「ただ、ドライブレコーダーも、デジタルタコグラフも、いわば事故が起こったあとで検証するためのデータの集積装置。病気でたとえれば、こうした装置は対症療法の領域なんですね。我々が欲しかったのは、そもそも事故を未然に防ぐための『ワクチン』の部分。これがなかなか見つけられなかった」

その「ワクチン」の開発こそ、今回のITを活用した「危険防止システム」の実証実験の目的だという。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。