体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピアニスト西村由紀江とギタリスト村治佳織、メアド交換に約8年かかった理由

ピアニスト西村由紀江とギタリスト村治佳織、メアド交換に約8年かかった理由
J-WAVEで放送中の番組「RINREI CLASSY LIVING」(ナビゲーター:村治佳織)。3月31日(土)のオンエアでは、ピアニスト・西村由紀江さんをゲストに迎えた、公開収録の様子をお届けしました。

■メールアドレス交換に約8年かかったふたり

村治と西村さんは、「10年以上、年賀状をやり取りしている関係」とのことで、毎年「ご飯行こうね」と言っているものの、まだ行ったことはありません。西村さんからは、こんなエピソードが飛び出しました。

西村:(年賀状のやり取りを始めて)6年目か7年目かに、「メールアドレスのやり取りをしませんか」って書いてくれて。私も「お願いします!」って返して、次の年(の年賀状)にアドレスを書いてくれたんですよね。

■西村由紀江の生演奏

オンエアでは、西村さんが生演奏を披露してくれました。曲は、西村さんがナビゲーターを務める「GOOD NEIGHBORS」のワンコーナー「Daiwa House SECRET NOTES」のテーマ曲を、少しアレンジしたもの。

村治:今、どんな情景を思い浮かべながら演奏されたんですか?
西村:私、弾くときはあんまり情景を思い浮かべないで、集中するようになりましたね。
村治:音に集中する?
西村:そうなんですよね。
村治:「即興」というのは、ほとんどないんですよね? 普通のクラシックは、最初から最後まで決まった音を弾きますよね? 由紀江さんの曲も一度書いて、それをその時々で変えていくっていうことは?
西村:今日の気分で、「春だからこういう曲を入れてみようかな」っていうのはあります。今日のお客さんの感じだったら「最初はすごいピアニッシモにしてみようかな」とか「いつもは速く弾いてるんだけど、今日はゆっくり弾いてみようかな」とか。あんまり情景を思い浮かべないほうが、それを体で感じられるんですよ。
村治:そのときのお客様の雰囲気で。
西村:そうです。そういうのないです?
村治:テンポだったり、強弱だったりっていうのはありますね。同じ曲でも、演奏者に委ねられる部分っていうのはあるじゃないですか。だからそのときに感じたことっていうのを大切にしていますね。
西村:そうですね、それがたぶんライブの醍醐味っていうか、お客さんにもそれが伝わるといいですよね。

オンエアでは他にも、バッハの『主よ、人の望みの喜びよ』などを西村さんと村治のセッションでお届け。

【放送はこちら】西村由紀江&村治佳織のセッションをradikoで聴く

さらに、ピアノとギターの共通点と相違点について、実演を交えながら説明したり、あるスポーツと演奏との共通点について話したりと、話題が尽きませんでした。

classy_180322event_02.jpg

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RINREI CLASSY LIVING」
放送日時:土曜20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/classyliving/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。