体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

久保田利伸「敏感すぎて…」 新曲「You Go Lady」MVでの苦労とは

久保田利伸「敏感すぎて…」 新曲「You Go Lady」MVでの苦労とは
J-WAVEで放送中の番組「INNOVATION WORLD」(ナビゲーター:川田十夢)。3 月30日(金)のオンエアでは、久保田利伸さんをゲストにお迎えし、ブラックミュージックのイノベーションについてお話を伺いました。

■R&Bを歌い始めたのはなぜ?

初めて買ったCDアルバムが、久保田さんの『Such A Funky Thang!』だったと言う川田は、久保田さんとの初対面で珍しく緊張気味。そんな川田が、久保田さんに最初に質問したのは「日本で浸透していなかったR&Bを、なぜ歌い始めたのか」ということ。

久保田:アフリカンルーツの音質が好きなんですよ。ノリにしても、音のタッチにしても。同時に、小さな頃から歌うことが好きで。「おお、上手いな」って言われたりしたので、そのまま音楽をずっとやってきました。

久保田さんは、成長する過程でR&Bを歌うことが自然な流れだったと、続けます。

久保田:子ども時代、アマチュア、プロとやっていくなかで、「誰もやってないことに挑戦する」とかよりも、「俺はこれ。他のジャンルもできるけど、得意じゃない。一番気持ちいいのはこのジャンル」って、それだけで。たとえば「日本語で歌うのは難しい」「日本語でノリを作るのは難しい」っていう風に全く考えないからわからないし、難しくないんですよ。

久保田:ただ、「人があんまりやってないな」と、その感覚がちょっと気持ちいいところはあるかもしれない。「俺は、俺なりのことをやれてる」という自負に近い、その気持ちよさはあるんじゃないかなって気がしますね。

■久保田利伸、30年の謎が解けた瞬間

久保田さんは3月28日(水)に、ニューシングル『You Go Lady』をリリース。ミュージックビデオでは、久保田さんが巨大なターンテーブルに乗って、ぐるぐると回るシーンがあるそうで……。

久保田:俺、三半規管がものすごく敏感で。リズム感と関係あるんだけど、アフリカ人とか黒人って、すぐ車酔いするの。その繋がりみたいなもので、俺も回るのってあまり得意じゃないのね。だから、撮影監督には、「なるべくゆっくり回る設定も用意しておいてくれ」と。
川田:リズム感とたぶん隣り合ってますよね。三半規管がゆるゆるだとリズム感はないですよね。
久保田:どういう関係だろうね。
川田:調子をとるというか、リズムは振動で捉えていますから、振動を吸収するときのなにかがブレてしまうと。ブレブレの人のほうが、三半規管が強いというか、酔いに強いですよね。
久保田:だから三半規管が敏感な人とか、反応する人っていうのはリズムにも敏感に反応するっていう。確かに。おれはここ約30年の謎が解けた。素晴らしいな!

憧れの久保田さんに褒められて、嬉しそうな川田。番組では他にも、久保田さんにCMとのタイアップ曲の作り方などを伺いました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「INNOVATION WORLD」
放送日時:金曜22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy