体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2台の『相棒』が大活躍してくれるから、オンもオフも楽しくって仕方ない!

2台の『相棒』が大活躍してくれるから、オンもオフも楽しくって仕方ない!

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

▲お姉ちゃんとママがいない休日。月希(つき)ちゃんと汰月(たつき)くんは、指定席に座って大好きなアニメのDVDの鑑賞

▲お姉ちゃんとママがいない休日。月希(つき)ちゃんと汰月(たつき)くんは、指定席に座って大好きなアニメのDVDの観賞

今を大切にしながらも、工夫を楽しんでいる大の車好き

今日は、奥様が長女の優月(ゆづき)ちゃん(9歳)を連れてお出かけ中。そのため、次女の月希(つき)ちゃん(4歳)、長男の汰月(たつき)くん(2歳)は、西川さんとお留守番だ。

家の中にいても飽きてしまうので、大好きなパパのエスティマで暇つぶし。

エンジンをかけると同時に、アニメのDVDがモニターに映し出される。

車内シアターは子供たちにとって週末の楽しいレジャーなのだ。

失礼ながら、西川さんの1台目の相棒、トヨタ エスティマからは “我”を感じることはできない。なぜかというと、西川さんは大の車好きだからだ。

そのすさまじい遍歴は18歳の時に10万円で手に入れた中古のホンダ アコードから始まる。

初めて手に入れたマイカーはオンボロだったが、「車ってすごい! どこまででも行けるぞ!」という気持ちにさせてくれた。

ここから大好きなVIP系セダンを中心に様々な車を中古車で乗り継いできたわけだが、なんと今所有する車で31台目なのだそうだ。

▲これが西川さんの乗ってきた歴代の“相棒”たちの一部だ。実にバラエティに富んでいるようで、「エアロ」「アルミ」「ローダウン」という車好きのこだわりポイントは押さえているあたりに共通点が見られる

▲これが西川さんの乗ってきた歴代の“相棒”たちの一部だ。実にバラエティに富んでいるようで、「エアロ」「アルミ」「ローダウン」という車好きのこだわりポイントは押さえているあたりに共通点が見られる

西川さんはその時の状況や気分に合わせて賢く車を買い替えて行く、尊敬すべき“中古車フリーク”だ。

結婚して子供が生まれてからは、ミニバン一筋。

通勤に使う2台目の相棒くらい車好きとしての“我”を通しても良いと思うのだが、その車もVIP系セダンではなく、マツダのスクラムという軽バンをセレクトしている。

▲通勤用のスクラムのエアロパーツは西川さんがDIYで取り付けたもの。車内ではHIPHOPを聞くことが多いそうだ

▲通勤用のスクラムのエアロパーツは西川さんがDIYで取り付けたもの。車内ではHiP-HoPを聴くことが多いそうだ

▲自宅でBBQをするときはスクラムの荷室が子供たちの小部屋と化す

▲自宅でBBQをするときはスクラムの荷室が子供たちの小部屋と化す

なぜ軽バンかというと、玄関前にある自宅ガレージで子供たちとBBQを楽しむために、車で小部屋を用意したかったからだそう。どれだけ家族思いなのだろうか。

とはいえ、スクラムは中古のエアロパーツをDIYし、大好きな音楽を迫力ある音で聴くために低音再生用の大型ウーファーを後付けするなど、“我”がチラリと見えたりするのだが。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy