体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロデューサーとして恐れられていた自分が、ロボットを作ることになったワケ

プロデューサーとして恐れられていた自分が、ロボットを作ることになったワケ

ロボット向けアプリケーションの開発などを手がけるパルスボッツ。創業者である美馬直輝は、それまで自身が経営していた制作会社の代表の座を譲り、未知なるロボット分野で起業します。決断の背景には、「ロボットとは新しいインターフェイスである」という、美馬ならではの気付きがありました。

※本記事は、「PR Table」より転載・改編したものです。

アーティストとして生きるべきか、プロデューサーとして生きるべきか

▲代表取締役CEO・美馬直輝

「実は、もともとはアーティスト志望だった人間なんですよ」――そう話す美馬は、大学時代、絵画や映像作品の制作に力を注いでいました。そうした彼がこの世界に足を踏み入れることになったきっかけは、在学中に友人から紹介された会社のCI(Corporate Identity) デザインの仕事。

美馬 「会社のロゴや名刺を作ったあと、Webの方を何回修正しても社長からOKが出なくて。時給にしてもらって働き始めたら卒業後はそのまま社員になっていました。創作活動も続けていましたが時代的にWebの案件がどんどん来るようになり……。気がつけば仕事の中心になってたんです」

実践の場で学びながらWebに関連するスキルを高めていく美馬が、同じ友人からの紹介により2006年に入社したのが、当時Web制作を手がけていた株式会社ライトニング。ここから、プロデューサーとしてのキャリアをスタートすることになります。

ライトニング入社後、ますます忙しくなっていく中で美馬がぶつかった問題が、「創作活動を続けるべきか」というものでした。仕事を終えた後に夜通し作品を制作することもあった彼は、徐々にアーティストとプロデューサーという2つの活動を両立させることが難しくなっていきます。

美馬 「創作に十分な時間や精神力を使えず、満足のいく作品が作れなくなっていた一方、ライトニングでは入社3年目くらいに取締役にならないかという提案があったんです。自分としても、どちらかを選ばないといけない段階だな、という意識が芽生えてきました」

決断を後押ししたのは、美馬の“ある気付き”でした。それは、多くのクリエイターが、40歳前後を境として、自身の創作を追求するか、人の力をまとめるプロデュースにシフトするか、という2つの選択の狭間で迷いはじめるというものです。

美馬 「今でこそ、二足のわらじでやっている人もいるんですけど、その頃はどっちか選ばなきゃと思ったんですよね。結局40歳くらいで悩むんだっていうなら、自分は今からプロデューサーというところで磨いていこうって思ったんです。

自分で発想して、それをプロデュースみたいな形で人と一緒にモノを作るほうが、結局長いこと面白いことできるんじゃないかって。そこから、自分の制作は基本的にはやらないっていうような方向にシフトしました」

「自分のキャラとちょっと違うな」笑顔なく仕事に没頭する自分への違和感

▲26歳当時の美馬。雑誌、「ウェブデザイニング」に掲載されました

自身の創作活動をやめ、プロデューサーとしての仕事に専念できる時間を得た美馬でしたが、そんな時間を埋めるように、次々と制作の仕事が舞い込んできました。

美馬 「当時の僕は、常にひとりで2桁の案件を同時進行しているような状況でした。気がつくと、会社の売上の大部分を占めるプロジェクトを自分が担当しているような状況になっていて……。本当にめっちゃ仕事していましたね」

やがて、美馬はWebサイトのデザインだけでなく、携帯電話の画面などのインターフェイスをデザインする仕事にも関わることに。そのなかには、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」とコラボした携帯電話など、発売当時に大きく話題となったものもありました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。