体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LDH新グループ始動! 候補者10日間の合宿へ

LDH新グループ始動! 候補者10日間の合宿へ

 4月2日深夜にTBS系にて放送された音楽ドキュメンタリー番組『週刊EXILE』で、5人組ヒップホップユニットDOBERMAN INFINITYとEXILE HIROによる共同プロジェクトを始動し、ラップとボーカル、ダンスを融合させた新たなグループの発足および候補者が発表された。

関連画像一覧

 新グループの候補者には、2017年にFANTASTICSのボーカルを選出するために開催された「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5 ~夢を持った若者達へ~」のラップ部門でファイナリストに選ばれた松井利樹、海沼流星。また、同オーディションのボーカル部門でファイナリストに残った日?竜太、加納喜将。さらに、2013年に開催された、世界基準のアーティスト発掘、育成をするために15歳までの少年たちを対象にしたオーディション「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」の合格者で、PROJECT TAROの一員として米・ニューヨークに留学し、現地で3年間にわたりダンス・音楽の経験を積んだ深堀未来、砂田将宏、奥田力也の計7名が選出された。

 新プロジェクトを始動したDOBERMAN INFINITYのGSは、「もっと可能性のあるグループがあっても良いんじゃないかなと思っていた。自分たちにできないことや、未来を見た時に僕らではなく、僕らの意思をしっかり理解してくれて、さらに大きいものに変換してくれるグループというものを自分たちが導いてあげられたら」と構想を語りオーディションでも目を光らせていたという。候補者7名について「可能性を伸ばしてあげたいですし、自分たちも一緒に夢を追っていきたいというイメージがあったので」と選出理由を語っている。

 候補者たちは正式メンバーの座をかけて、2月の上旬より10日間の合宿を実施。

 合宿に向けP-CHOは「ラップ、ダンス、歌という三つの武器を彼らがどれだけ上手く融合してくれるか。そして、10日間で7人のチームワークがどれだけ上がるのか、引き締まるのか見極めたい」とし、「個人個人の特性というのもこの10日間で見えてくると思いますので、そこも見極める大事な10日間にしたい」と意気込むと、GSは「このメンバーで本当に最後までいけるかどうかは正直分からない。みんなもどういう気持ちで取り組むか、どういう風になりたいか、どこに向かっていくのかということを、もっとより具体的に考えた上で、10日間を過ごしてもらえたらと思う。チャンスをものにするんだという強い気持ち、自分は最後まで残るという強い気持ちを持って取り組んでほしい」と候補者にエールを送った。

 次週のオンエアでは、ついに始動した新プロジェクト合宿の様子に密着。候補者の7人に課せられた課題が明らかになる。

関連記事リンク(外部サイト)

EXILE HIRO ビジュアルブックを全世界で販売! NYの名門書店/出版社RIZZOLIよりハードカバーで
EXILE HIRO賞「アメリカダンス留学の旅」贈呈も! ダンスコンテスト【DANCE CUP】今年も開催
EXILE FRIDAY第二弾「Melody」音源試聴スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。