体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テイラー・スウィフトのストーカーに10年の保護観察処分

テイラー・スウィフトのストーカーに10年の保護観察処分

 テイラー・スウィフトとその家族を殺害すると脅迫したストーカーが10年間の保護観察処分を受けたとE!ニュースが伝えている。

 フランク・アンドリュー・フーバーは、テイラー側が取得した接近禁止命令に違反した罪で2016年11月に逮捕された。彼はその1か月前、テイラーがフォーミュラ1のレースでコンサートを行った後に彼女に付きまとったことから接近を禁じられていた。

 E!ニュースが入手した起訴状によると、フーバーはテイラーの父スコット宛てに家族全員を殺害すると脅迫する内容のメールを数か月間送り続けていた。

 フーバーは10年の保護観察に加え、少なくとも最初の1年間はGPSで監視される上、精神鑑定と麻薬検査を受けなければならないとTMZが報じている。

関連記事リンク(外部サイト)

テイラー・スウィフト、米ナッシュビルの老舗ライブハウスで数曲を披露
テイラー・スウィフト、『レピュテーション』が全米でダブル・ミリオン突破
ケイティ・ペリー、宿敵テイラー・スウィフトの大ファンにかけた言葉とは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。