体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドレイク、ニューALを近々発表か インスタでリリースを匂わせる

ドレイク、ニューALを近々発表か インスタでリリースを匂わせる

 ドレイクが2018年1月にリリースした2曲入りシングル『スケーリー・アワーズ』に収録されている「ゴッズ・プラン」が米ビルボード・ソング・チャート”Hot 100”で初登場1位を獲得してから10週連続で首位に君臨し続けている。

 そんな彼が最近ニュー・アルバムのリリースを匂わせる投稿をSNSに投下し続けている。2018年4月1日には自身のインスタグラムで、「俺の目の下にアルバム(に費やした)時間が見えるだろ」と書かれたストーリーを公開した。

 3月末にマーダ・ビーツとのコラボ・シングルが控えていることを明かしたばかりの彼だが、この楽曲やニュー・アルバムのリリース時期に関する詳細はまだ発表されていない。ただ、Apple MusicにドレイクのOVO Soundラジオが復活したことからも、何かしらの動きが近々あることは間違いなさそうだ。

 2018年4月7日付の”Hot 100”でドレイクの「ゴッズ・プラン」が10週1位を獲得したことにより、彼はリードを務めた楽曲が2曲10週1位を記録した初の男性ソロ・アーティストとなった(もう1曲は2016年の「ワン・ダンス feat. ウィズキッド&カイラ」)。また、チャートに初登場してから連続で少なくとも10週1位に君臨し続けたのは、”Hot 100”の59年の歴史で5曲目となる快挙だ。

関連記事リンク(外部サイト)

ロード、トロント公演でドレイクをカヴァー
【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」9週目の首位、ビービー・レクサ&フロリダ・ジョージア・ライン2位に浮上
ドレイク、新曲でマーダ・ビーツとコラボ インスタのコメ欄で明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy