体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スティーブン・クライン、ドナルド・ジャッド、ヘルムート・ラング、草間彌生らの「究極的」な空間

main

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)のアートギャラリー「THE CLUB」では、2018年4月7日(土)から2018年5月4日(金)まで、ニューヨークのアートマガジン『VISIONAIRE』とのコラボレーションによる企画展「FETISH」を開催する。

2017年VISIONAIREはアメリカを代表するフォトグラファー、スティーブン・クラインとともに創刊第67号FETISHを発行した。
同展では、THE CLUBによるキュレーションのもと「FETISH」というテーマをさらに掘り下げる。

「FETISH」何かを究極的に求めること、そしてその対象となるもの。スティーブン・クラインのアジア初公開となるシリーズを含む作品を中心に、 ドナルド・ジャッド、ヘルムート・ラング、草間彌生らの世界的アーティストたちの作品を展示し、「究極的」な空間を創り上げる。

VISIONAIRE(ヴィジョネア)
VISIONAIREは1991年にセシリア・ディーンとジェームズ・カリアードスによって設立された芸術とファッションの究極の出版物。さまざまなジャンルで活躍しているクリエイターたちと制作をかさね、20年以上印刷のルールを破り続け、その比類ない影響力を発揮してきた。視覚、聴覚、味覚、嗅覚、そして触覚を駆使し、クリエイターが自分のビジョンを探求し、自由に表現することができる場を提供している。

スティーブン・クライン
スティーブン・クラインはロードアイランドデザインスクールで絵画を学んだ後、写真分野へと進路を転換した。クラインが撮ったファッションブランドの広告にはルイ・ヴィトン、バレンシアガ、バルメイン、アレクサンダー・マックイーンなどがあり、「VOGUE」や「W」など、アメリカを代表するコンデナスト・パブリケーションズの出版物に作品を発表し続けてきた。マドンナ、ブラッド・ピット、リアーナ、レディ・ガガやモデルのケイト・モス、ナオミ・キャンベル、シンディー・クロフォード、ジゼルなどの著名人を撮影したことで広く知られている。

展示アーティスト
スティーブン・クライン、 ドナルド・ジャッド、 草間彌生、 ヘルムート・ラング、 チャールズ・レドレー、 ハインツ・マック、 樂雅臣

sub1

「THE CLUB X VISIONAIRE FETISH」
2018年4月7日(土)ー 5月4日(金)11:00 -19:00
THE CLUB [GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内]
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内
03-3575-5605
11:00-19:00(不定休)
ホームページ

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。