体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初の外国人女流棋士が主人公!アニメ「すすめ、カロリーナ」メインビジュアル&ティザームービー公開

初の外国人女流棋士が主人公!アニメ「すすめ、カロリーナ」メインビジュアル&ティザームービー公開

 大塚製薬のバランス栄養食「カロリーメイト」が、将棋界史上初の外国人女流棋士、カロリーナ・ステチェンスカさんと栄養スポンサー契約を締結。これまでの歩みをアニメーション化したムービー「すすめ、カロリーナ」製作を発表しました。6月の公開に先がけ、メインビジュアルとティザームービーが解禁されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「栄養バランスで支える」として、これまで受験生やビジネスパーソンなど様々な「考える人」を応援してきたカロリーメイト。今回新たに、1度の対局が10時間以上に及ぶこともあるという、きわめて高い集中力を要求される頭脳スポーツ、将棋に着目しました。日本でプロ棋士になるという夢をかなえ、現在もプロの世界で挑戦し続けている女流棋士、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級は、「考える人」そして「夢に向かって進む人」の象徴的な存在のひとりであることから、栄養バランスのサポートをする栄養スポンサー契約を締結することになったといいます。今後、カロリーメイトは製品の提供や、管理栄養士による食事指導を通じて、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級のサポートを行います。

 この栄養スポンサー契約締結にあたり、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級のこれまでをアニメーション化したムービー「すすめ、カロリーナ。」が製作されることになりました。監督は、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級と同じポーランド出身で、日本の様々なアニメ映画で活躍するアニメーター、マテウシュ・ウルバノヴィチさん。

 気になるストーリーは、ポーランドに生まれたカロリーナさんが将棋と出会い、女流棋士として活躍するに至るまでの道のりを、鮮やかな色彩とファンタジー感あふれる表現で描くもの。




 アニメーション全編は2018年6月にWEB上で公開される予定。それに先だち、メインビジュアルとティザームービーが4月3日に公開されました。メインビジュアルは、将棋の聖地である将棋会館最寄りのJR駅、千駄ヶ谷駅構内にも掲出されています。

 また、カロリーメイトは日本将棋連盟との取り組みとして、テレビCMをはじめ、将棋の学生大会や将棋教室で、栄養バランスの重要性を啓発することで、頭脳スポーツに励む「考える人」を応援していくとのことです。

画像提供:大塚製薬

関連記事リンク(外部サイト)

「深夜!天才バカボン」2018年7月から放送決定 パパ役に古田新太
ピカピカ!サーフィン日本代表を「NAMINORI ピカチュウ」が応援
電通、「キャプテン翼」(2018年製作版)のアジア/オセアニアにおける番組販売権など独占で獲得

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。