体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第11回は、観光客も利用できるレンタサイクル「U bike(ユーバイク)」を使って街中を走るアクティブ体験の紹介。

まずは「U bike」を借りてみよう

「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

台湾が世界に誇る自転車メーカー「GIANT」。メーカー全面協力のもと2008年に台北で始まったのが、自転車レンタルサービス「U bike」です。

現在、レンタルスポットの数は650を超え、地元民の交通手段として定着しています。「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由 クレジットカードでレンタル可能。「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

今回このアクティブ体験に参加してくれるのは、台湾人モデルのAngelina。

美女と自転車と台北101、うん、イイですね。「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

タクシー料金が安い台湾では、ついさくっとタクシーに乗ってしまいがち。でも、自転車だとお店にふらりと立ち寄れるのがいいですよね。

ちなみにこの自転車、前にはカゴが、後ろの車輪には服の巻き込み防止カバーがついていて割と機能的。専用アプリでレンタルスポットの場所を調べることも出来ますよ。「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

返却するときは、レンタルスポットの空いているスペースに前輪部分をガチャっとはめるだけ。

利用料金ですが、クレジットカードの場合、30分毎に10元(約35円)と驚愕の安さ!これはもう使わなきゃ損なレベル。「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

ちょい乗りでも、がっつり移動手段としても、使い勝手の良い「U bike」。乗り捨て可能でいたる所にレンタルスポットがあるので、気分に任せて目的地を決めるのも良さそうです。

この日のゴールは台北市民の憩いの場、大安森林公園。「台北のレンタサイクル」が、もはや使わないと損レベルな理由

コーヒー片手に公園をのんびりお散歩なんて贅沢な時間。天気のいい日にどうぞ。

関連記事リンク(外部サイト)

チャレンジは3回まで。台湾一のパワースポットで願掛け!
台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。
都市伝説じゃなかった。台湾の老舗ホテル地下に掘られた「秘密のトンネル」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。