体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙人、失われたもの、伝説…「真相!世界の都市伝説を暴け」放送 第1話は監視社会の噂に迫る

宇宙人、失われたもの、伝説…「真相!世界の都市伝説を暴け」放送 第1話は監視社会の噂に迫る

 世の中には様々な謎や陰謀、隠蔽工作が存在します。そんな世の中に隠された様々なことを暴く……という注目の番組が日本上陸。4月9日からヒストリーチャンネルで放送されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「真相!世界の都市伝説を暴け」と題されたこのシリーズ、アメリカのラジオ司会者であるジミー・チャーチさんが番組ホストを務め、「カリフォルニア海岸の海底にUFO基地が存在する!?」「アメリカ政府はマインドコントロールした暗殺部隊を結成した!?」など、世の中で語られる様々な都市伝説を解き明かしていきます。

 第1話では“監視”をテーマにした、3つの都市伝説を取り上げます。その中のひとつが、なんとあの人気ゲームアプリ「Pokemon GO」。なんとCIAが開発した監視システムだ、というもの。プレイヤーのカメラを通じて様々な場所の映像を入手し、プレイヤーは知らず知らずのうちにCIAのスパイとさせられている……という、にわかには信じがたいものですが、番組は徹底的に調査を実施します。

 ブライアン記者から、番組は今回の都市伝説の原点となる“ある出来事”を聞きます。それは「Google Earth」。カメラを搭載した車を世界中に送り込んで撮影した「ストリートビュー」は、多くの人が利用するサービスとなりましたが、実は地図情報の収集の過程で、家庭用のWi-Fiから保護されていないデータを盗んでいたことが発覚したのです。

 つまり、世界中の一般市民が違法な監視下に置かれていたということ。そんな世界を揺るがす大スキャンダルを乗り越えたジョン・ハンケ氏が次に立ち上げた会社が「Niantic, Inc.」そう、あの「Pokemon GO」の開発会社です。さらに番組の調査は、NianticとCIAのつながりにまで及び、元CIAの諜報員だったという諜報活動の専門家や、天才ハッカーらが疑惑を裏付ける様々な証言を……。恐ろしい完全監視社会の到来に警鐘を鳴らす内容となっています。

 また、全6話となるこのシリーズでは、“通常人間には聞こえない不思議な低周波音「ハム」”、“カトリック系の悪魔祓いを行う集団”、“ビッグフットの新たな出没スポット”などのほか、おなじみの“エリア52”や“ケネディ大統領暗殺の謎”などといった都市伝説まで迫っていきます。

 番組では「宇宙人」「奇妙な地球」「失われたもの」「伝説」などのテーマに沿って、数々の都市伝説の真実を暴いていきます。はたして、世界の都市伝説の真相とは!?4月9日(月)午前11時からの放送開始を待ちきれない方には、公式YouTubeチャンネルで、第1話のプレビュー映像が公開されているので、ご確認を。

(c) 2018 A&E Television Networks. All rights reserved

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

虚淵玄の「Thunderbolt Fantasy」TVシリーズ2期は2018年10月開始に決定
アメリカ刀剣職人のガチンコ勝負!「刀剣の鉄人」シーズン3開始
新宿でトラロック発動?消防・警察のテロ訓練に“駆除班”も参加

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。