体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アスリートに寄り添ったスマートウォッチ「BozGo」は4000円台から

スマートウォッチも、だいぶ安価になった。

もちろんそれは、「安かろう悪かろう」ではない。機能、品質ともに必要水準に達している製品が安価になっている、ということだ。

この記事で紹介するのは、スポーツ愛好家に向けたスマートウォッチ「BozGo」である。

・アスリートに寄り添ったスマートウォッチ

フィットネストラッカーを搭載したこの製品は、まず「表示が分かりやすい」という特徴がある。

アニメーションを多用しているため、今現在の設定モードが何かを一目で確認することができる。長距離を走っている最中に、いちいち細かい文字を追うことはできない。これは確かに、ありがたい機能だ。

心拍数、消費カロリー、歩数、移動距離やそのルートなども算出し、スマホアプリに反映する。これにより、的確なコーチングを受けられる。睡眠中にBozGoを装着し、その眠りをモニタリングすることも可能だ。使用者が複雑な数字と格闘することはないという。

また、このBozGoはモーションコントロール機能も備わっている。たとえば連携したスマートフォンのカメラを作動させる時、手首を振ることでシャッターが動く。

バッテリー寿命は満充電から5日間。十分に実用に耐え得るスタミナだと判断できる。なお、IP67防塵防水仕様も施されている。

・高級版でも5000円強

さて、BozGoの価格である。

BozGoは2種類のラインナップが用意されているが、その値段は307香港ドル(約4200円)から。米ドルでは39ドルである。

高級版の「Premium」の値段も挙げよう。とはいっても決して「高級」ではない。385香港ドル(約5200円)だ。

配送時期は7月。量産の目処はついている、と判断すべきだろう。現在、クラウドファンディング「Kickstarter」で出資を受け付けている。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。