体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTubeアプリ、動画プレイヤーのサイズが縦撮りや正方形動画に自動的にフィット

お気づきの方もおられるかと思いますが、YouTube アプリの動画プレイヤーが投稿された動画のフォーマットに応じてサイズを自動的に変更するようになりました。
縦撮り動画や正方形の動画を YouTube で再生する時に動画プレイヤーには黒い余白が出来ていましたが、それが最新の YouTube アプリで改善され、再生を開始するとプレイヤーサイズが自動的に動画フォーマットにフィットする形で変形します。
この自動リサイズ機能は昨年 5 月の Google I/O で発表されていましたが、実際にこの機能が正式に提供されるようになったのは最近のことです。
この機能によって、通常の 16:9 ではないアスペクト比の動画であっても端末の縦持ちで見やすくなります。

■関連記事
Snapdragon 845の実力をXperia XZ2で調査
100円ショップで見つけたお風呂用Bluetoothスピーカーを紹介
「JJR/C H61」はドローン入門機に最適、5千円と安いのにオプティカルフローセンサーを装備

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。