体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岩下の新生姜ミュージアム&いちご狩り。栃木を味わうスイーツ旅

岩下の新生姜ミュージアム&いちご狩り。栃木を味わうスイーツ旅

カフェ、スイーツ、パンケーキのお店を年間約1,000店ぶーらぶらしている、ミスター黒猫です♪
そんな黒猫が一番テンション上がるフルーツの「いちご」は、今が旬でウマウマな時季。
いちご狩り、いつ行くの? 「今でしょ!」(古っ)。
行き先に選んだのは、いちご生産量日本一の「栃木」。
いちご狩り以外にも、SNSで話題のスポットも併せて楽しみます!

シュールすぎる「岩下の新生姜ミュージアム」は入館無料!

JR東京駅から東北新幹線に乗り40分ほどでJR小山駅に到着し、JR両毛線に乗り換えて10分ほどのJR栃木駅へ。
最初の目的地は、栃木駅北口から徒歩約12分の「岩下の新生姜ミュージアム」。
「岩下の新生姜」に関する展示や、食、体験が楽しめるミュージアムで、SNSでも話題のスポット。岩下の新生姜が大好きな黒猫、ずっと行きたかったんです。

岩下の新生姜ミュージアム 外観

岩下の新生姜自体も、オリジナルレシピがSNSで話題に。
そんなこともあってか、平日でも多くの方が訪れてましたよ。

岩下の新生姜ミュージアム 岩下漬けの素自動販売機

入ってすぐの自動販売機にびっくり!
ドリンクかと思って見ると、なんと岩下の新生姜のピンクの漬け液のみをペットボトルに詰めた、世界に1台の「岩下漬けの素」の自動販売機だったんです。
程よい酸味で、さっぱりとした味わいの手作り浅漬けが楽しめる「岩下漬けの素」。実はこの液が大人気で、チーズやうずらの卵を漬けた写真がSNSにたくさんアップされています。

岩下の新生姜ミュージアム 巨大新生姜オブジェ

館内のいたるところに新生姜(笑)。
巨大新生姜の隣にあるのは、新生姜のかぶりもの。
さらに館内では、自由にかぶって見学もOK!
新生姜ワールドに、どんどんハマっていきますよ♪

岩下の新生姜ミュージアム 世界一大きな新生姜ヘッド

先に進むと、超巨大な新生姜がどーーーん!
なんと高さ5メートル。世界一大きな新生姜のかぶりもの!
ちゃんと下の穴から顔を出して記念写真を撮ることもできます。
おー! 恐るべし岩下の新生姜ミュージアム(笑)。

岩下の新生姜ミュージアム 展示物

もちろん岩下の新生姜の歴史や、安全、安心の品質管理についての展示など、真面目なコーナーも。

岩下の新生姜ミュージアム ジンジャー神社
1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。