体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!

現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ! ▲そもそも新車価格がベラボーな高額ではないだけに、中古車としての「絶妙な割安感」が発生するタイミングが少々わかりにくい高年式のヨーロッパ製小型車。……その正しい買いタイミングっていつなんでしょうか?

▲そもそも新車価格がベラボーな高額ではないだけに、中古車としての「絶妙な割安感」が発生するタイミングが少々わかりにくい高年式のヨーロッパ製小型車。……その正しい買いタイミングっていつなんでしょうか?

登場直後は買い得感が薄いが、とはいえ待ちすぎると旬を逃す

「初めて輸入車を買ってみるなら、とりあえず高年式のヨーロピアンコンパクトがオススメです」的な意見を時おり目にします。

もちろんそれはそれで悪くない考え方のひとつですが、中古車道の猛者(?)である筆者から言わせていただくと、高年式のヨーロピアンコンパクトというのは「買い時」の判断が実はそこそこ難しいジャンルだったりもします。

コンパクトカーというのは、もともとの車両価格が(輸入車としては)さほど高くはないゆえ、値落ち幅がまだ小さめの初期段階では「……この程度の差額でしかないなら、いっそ新車を買った方がいいのかも?」との迷いが生じがちです。

しかしその後、中古車相場がこなれるのをボーッと待っていると、今度は「相場が下がりすぎてしまい(=年式的に古くなってしまい)、新しいわけでもクラシカルな味わいがあるでもない『中途半端に古い存在』になってしまった」という残念な展開にハマることもしばしばです。

それゆえ「その買いタイミングを正しく見極めるのは少々難しい」と言っているわけです。

では、そんなヨーロピアンコンパクトの高年式中古車は、結局のところ「いつ」買うのが正解なのでしょうか?

諸説あるとは思いますが、筆者が提唱したいタイミングは「まだまだ現行モデルであるにも関わらず、その低走行中古車の相場が新車価格よりも約100万円は安くなったとき」です。

▲「割安感」と「旬感」とのせめぎ合いを冷静に見つめつつ、自分なりの適切なタイミングを見計らうのが、現行世代のヨーロピアンコンパクトの中古車を賢く買うコツ。(写真は現行型ルノー ルーテシア)

▲「割安感」と「旬感」とのせめぎ合いを冷静に見つめつつ、自分なりの適切なタイミングを見計らうのが、現行世代のヨーロピアンコンパクトの中古車を賢く買うコツ。(写真は現行型ルノー ルーテシア)

「100万円安」という、なぜか納得できてしまう魔法の数字

例えばルノー トゥインゴというフランスの小型車があります。現行型の売れ筋グレード「インテンス」の新車本体価格が189万円ですから、支払総額は210万円ぐらいでしょうか。

そしてその中古車相場は今、もちろんモノにもよりますが、おおむね総額190万円ぐらいです。……新車を買うよりお安いのは確かですが「めちゃめちゃお買い得!」と感じられるかどうかは微妙でしょう。

しかし、同じルノーでもルーテシアというコンパクトカーに目を向けてみると、話はずいぶん変わります。

▲ルーテシア(本国名クリオ)は古くから続くルノーのコンパクトクラスで、現行型モデルはその第4世代となります。基本となるエンジンは1.2L直噴ターボで、トランスミッションは6速のツインクッラッチ式ATです

▲ルーテシア(本国名クリオ)は古くから続くルノーのコンパクトクラスで、現行型モデルはその第4世代となります。基本となるエンジンは1.2L直噴ターボで、トランスミッションは6速のツインクッラッチ式ATです

現行型ルーテシアは2013年9月デビューのまだバリバリ現役で、売れ筋グレードである「インテンス」の新車価格は229万円。支払総額は250万円ぐらいといったところです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy