体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランスのパン屋の定休日は重ならない〜フランス人のパンへのこだわり7選〜

バゲットの焼き具合にこだわる

フランス人のパンへのこだわり7選
フランスのパンの代表格がバゲットです。パン屋でバゲットを買うフランス人を見ていると、「しっかり焼いたバゲットをください」、「そこの焼き過ぎていないバゲットをください」など、焼き具合にこだわっている人が結構います。フランス人にとってバゲットの焼き具合というのは各自好みがあるものなのです。

バゲットはビニール袋に入れて販売されない

フランス人のパンへのこだわり7選
日本ではパン屋でバゲットを購入すると、ビニール袋に入れられることが多いですよね。フランスのパン屋では紙の袋に入れるか、紙をバゲットの周りに巻いて渡されます。よく見るフランス人がバゲットを持ちながら歩いている写真そのままの光景です。雨に濡れたらどうするの、埃がついて汚そうという意見も聞こえてきそうですが、フランス人はそんなことは気にしません。紙袋に入れるスタイルは永遠なのです。

パン屋の定休日は重ならない

フランス人のパンへのこだわり7選
主食がパンであるフランスでは、毎日どこでも買えるようになっています。街のパン屋が定休日が重ならないように、パン屋同士が話し合って決めているのだそうです。

夏のバカンスでほとんどのお店が閉まっていても、すべてのパン屋がヴァカンスで閉まっていて買えないなんていうことはないのです。

バゲットは当日に食べきる

フランス人のパンへのこだわり7選
バゲットは次の日に食べると硬くなってしまいます。基本的に買ったその日に食べきるのが、フランスでの原則です。次の日に食べるときは、トースターで焼くといいでしょう。でもやっぱり、バゲットはその日に食べるのが一番美味しいように思います。

パンにはバターとジャムが絶対必要

フランス人のパンへのこだわり7選
フランス人にとって朝食のパンにはバターとジャムが欠かせません。筆者は特にフランス人のバターの消費に驚きました。フランスではバターを必ず常備している家庭がほとんどではないでしょうか。バターをチーズのように厚く切ってパンに置いて食べる人もいます。また、バターを塗って、その上にジャムも塗るというフランス人もいます。

調理パンはパンではない

フランス人のパンへのこだわり7選
日本のような調理パンはパンと認めないのがフランス人。日本のような調理パンはそれはそれで美味しいのだけれど、それでもパンはオーソドックスにバゲットが一番と思うフランス人が多いのです。そしてパンはフランスのものが一番だと思うフランス人も多くいます。

レストランでは必ずパンが付いてくる

フランス人のパンへのこだわり7選
フランスのレンストランにいくと、必ずと言っていいほどパンが出てきます。例えば、メインにパスタやジャガイモが付け合わせであったりしても、パンを食べるのは普通のこと。それに、パンは無料で、お代わりも自由なんです。フランス人の食事には、パンは欠かせないものなのだと実感させられます。

いかがでしたか。主食であるパンはフランス人にとって、毎日美味しく食べたいもの。偏愛とも呼べなくないフランス人のパンへのこだわりは、日本人のお米へのこだわりに通じるものがあるように思います。

[All Photos by shutterstock.com]
フランスのパン屋の定休日は重ならない〜フランス人のパンへのこだわり7選〜

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy