体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住まいのトラブル調査【購入編】購入物件で一番多いトラブルは「近隣トラブル」!

住まいのトラブル調査【購入編】購入物件で一番多いトラブルは「近隣トラブル」!

住まいのトラブル調査シリーズ。賃貸編に続き、購入編です。賃貸住宅とトラブル内容は異なるのか、トラブルにあったことのない人はどんな回避法を行ったのかなどを紹介します。また、物件探しや契約時、内覧までの期間に経験した具体的なトラブル内容を大公開。賃貸編との違いもチェックしてみてくださいね。

購入物件では「近隣トラブル」がトップ

前回の賃貸編では、「物件の欠陥や設備の故障などのトラブル」(67.7%)がトップ、次いで近隣トラブル(61.0%)が多い結果だったトラブル内容。購入物件の場合には、どのような結果となるのでしょうか。

結果は、「近隣トラブル」(14.8%)が1位、「物件の欠陥や設備の故障などのトラブル」(10.7%)が続きました。購入物件の場合、町内会への参加やゴミ出しなど、周囲のご近所さんと付き合いややりとりが多くなります。そのため、賃貸物件では2位だった近隣トラブルが購入物件ではトップなのかもしれません。また、物件の欠陥、設備の故障に関しては、購入物件は事前によく確認してから契約に至ることが多いので、賃貸物件よりも数が少ないのでしょう。

その他、購入物件ならではのリフォームやリノベーションでのトラブルも6.2%ありました。トラブルのなかでは近隣トラブルが1位だが、各項目「経験したことがない」と回答した人が8割を超えた(出典/SUUMOジャーナル編集部)

トラブルのなかでは近隣トラブルが1位だが、各項目「経験したことがない」と回答した人が8割を超えた(出典/SUUMOジャーナル編集部)

一方、「トラブルを経験したことがない」と回答した人に、トラブル回避のために気を付けていたことを聞いてみると、以下のようなコメントが挙げられました。

【購入前に気を付けたこと】

・購入前に、マンションに住んでいる人がどのような人なのかなど情報収集を行った(55歳・男性)

・住宅関係の知人にいろいろアドバイスをもらった。防犯対策にも気をつけたい(49歳・男性)

・トラブルについて、ネットで調べた(45歳・男性)

・口頭でやり取りしない、必ず文書で残す(50歳・女性)

・信頼できる会社、信頼できる担当者と交渉した(47歳・女性)

・購入するときに、その土地柄、雰囲気などを不動産会社に聞き、理解した上で購入を決めた(44歳・女性)

【購入後に気を付けたこと】

・近所付き合いは、こまめにする(54歳・男性)

・日ごろから顔を合わせたら挨拶をしておく(46歳・男性)

・夜はテレビの音を小さめにしたり、子どもに騒がないように言い聞かせていた(37歳・男性)

・事前にご近所に挨拶回りをした(58歳・女性)

・多少のことは我慢する。生活音などに気を付ける(54歳・女性)

・近所の人に不快な思いをさせないように騒音やペットの臭いなど 気を付けている(47歳・女性)

物件探し、契約時、内覧でのトラブルは「納期遅れ」「施工ミス」など

どんなシチュエーションにおいてもトラブルは起こり得ますが、物件探しや契約時、建設中、内覧のトラブルは、事前に知っておけば防ぐこともできそう。具体的にどんなトラブルがあったのかチェックしてみましょう。

【物件探しのとき】

・近隣建物やその付近で、違法建築で建築中のものがあった(54歳・男性・新築マンション)

・希望の物件を紹介してくれなかった(49歳・男性・中古マンション)

・マンション購入を決めて、手続き中に売り切れたということが何度かあった(34歳・女性・中古マンション)

【ローン契約、物件契約時】

・ローン仮審査の時仲介業者が報告を怠ったため延期になった(40歳・男性・中古マンション)

・地下埋設物処理(57歳・男性・中古一戸建て)

・10年以上働いていると思っていたが、ローンを組む段階で実際は10年以内だったので、予定していたローンの審査が通らなかった(49歳・女性・新築マンション)

【建設中】

・隣地の所有者にある権利を主張された(49歳・男性・新築マンション)

・工程の遅れで、子どもの進学に影響があった(48歳・男性・中古一戸建て)

・境界の塀をつくるのに、合意が得られなかった(58歳・女性・中古一戸建て)

【内覧のとき】

・カウンターキッチンにひびが入っていた(58歳・男性・新築マンション)

・排水が漏れた(52歳・男性・新築一戸建て)

・造り付けの棚がゆがんでいた(37歳・女性・新築マンション)

購入物件では、物件探しから始まり、契約、建設、内覧まで、実際に住むまでにいくつもの工程があるため、トラブルが起こる確率も賃貸物件よりも高くなる可能性があります。しかし、実際に起こったトラブルを事前に知っておくことで避けられるトラブルも多いはず。これから物件購入を検討されている方は、今回のトラブル事例を参考にして、面倒なトラブルに巻き込まれることがないよう、快適な新生活のスタートに役立ててくださいね。●調査概要

・[住まいのトラブル調査 購入編]より

・調査期間:2018年3月12日~13日

・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)

・対象:全国の購入物件(一戸建てまたはマンション)にお住まいの20歳~59歳の方

・有効回答数:男女600名(新築一戸建て150名、中古一戸建て150名、新築マンション150名、中古マンション150名)
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2018/04/152587_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

土地の測量、ちゃんと測ってないと税金を払いすぎているかも!?
実家の相続[上] トラブルのもと! 未登記の家はどうすればいい?
ご近所調査[2] あなたは大丈夫?マンション・アパートで非常識だと思われるのはこんな行動

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。