体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

格安SIMにありがちなGPSの遅延を解決する方法

格安SIMにありがちなGPSの遅延を解決する方法

キャリア端末を格安SIMに変更したところ、地図アプリでの位置測定が遅くなるという現象が発生しています。もともとGPSの位置情報には時間がかかるもの。それを「A-GPS」(アシスト型GPS)という位置情報サーバーによって、GPSの位置情報の取得スピードを上げているのです。

格安SIMに変更するとGPSに遅延

実際、初期起動状態で同じ位置のGPS情報を捕捉する時間を計測してみました。A-GPS未対応の端末では、GPSの位置情報取得まで1分10秒もかかります。A-GPSを取得した端末では、わずか1秒13で場所を取得できたのです。

そして、NTTドコモ・au・ソフトバンクのキャリア端末がGPSを取得する際、キャリアの基地局にある「A-GPS」の位置情報サーバーを使用。位置情報を要求すると、サーバーから軌道データが端末に送信され、素早く測定できるのです。

しかし、格安SIMに変更するとキャリアの基地局からの情報を受け取れなくなります。すると、衛星からだけの位置情報に頼らざるを得なくなり、GPS情報の取得に遅延が生じるのです。

格安SIMのGPS遅延を解決する方法

なお、Android端末にはGoogleの位置情報サーバーが情報を取得する仕組みが用意されています。SIMフリー端末であれば、Googleから情報を取得するよう設定されていて問題はないようです。

しかし、キャリア端末から格安SIMに乗り換えるとキャリアの位置情報を受け取れず、情報の取得に遅延が発生するというわけ。そんな時に使えるアプリが「GPS Status &Toolbox」です。Google Playで無料で入手できます。

格安SIMにありがちなGPSの遅延を解決する方法は、アプリをインストールして「メニュー」→「A-GPSの管理」をタップ。「A-GPS XTRAデータ」をダウンロードします。これでA-GPS情報を取得できるようになります。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。