体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パソコンがアートに変身!国外でも注目の造形デザイナー池内 啓人の世界

今春大いに世間を沸かせた、辻 和弘氏の米アカデミー賞受賞。同氏のみならず、ここ数年世界の注目は、日本のアーティストたちに集まっている。中でも、3Dプリントや新素材を使った、デジタルアートは要チェック。日本人ならではの精緻な技術と、繊細な感覚を生かした作品は、見ているだけでわくわくする。

今回テッカブルが取り上げるのは、東京在住の造形作家・池内 啓人(いけうち ひろと)氏。多摩美術大学で情報デザインを専攻。その後、ジオラマ作家として数多くの作品を発表し、国内外を問わず、高い評価を受けている。

・模型とデジタルガジェットの組み合わせによる独自の世界観

池内氏が得意とするのは、古いパソコンや周辺機器を活用したジオラマアート。在学中はホームページやフラッシュコンテンツを学んでいたが、卒業制作を機に、このジャンルにのめりこむようになったという。

模型とデジタルガジェットを巧みに組み合わせたその作品は、SFチックで未来的な魅力にあふれている。1つ目の画像は、“サイボーグメイド”と名付けられた着用可能なガジェット。これを付ければ、誰でもサイバーメイドに早変わり。メイドカフェなどで採用すれば、面白いかもしれない。

・現代アート界の風雲児

画像2のジオラマは、パソコンを改造したもの。「プラモデルによる空想具現化」というテーマで、プラスチックモデルの戦場ジオラマとして仕上げた。パソコン内部の指揮所には、作戦会議をする兵士も存在する。(画像3)

現代アートの分野で、大活躍中の池内氏。アーティストとしての表現追求は、まだまだ続く。今後の作品に期待したい。

otakumode.com/池内 啓人

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。