体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Excel(エクセル)術】中央値(MEDIAN関数)を理解しよう

【Excel(エクセル)術】中央値(MEDIAN関数)を理解しよう

データの全体の傾向を把握するために「平均値」をよく使うことがありますよね。ただこの平均値、極端に高い・または低いデータがあると、傾向が上振れたり、逆に下振れしてしまうことがあります。

この時活用してみたいのが「中央値」。複数のデータを昇順に並び替えたときに真ん中にくる値のことです。平均値とは違い、極端に高い・低いデータがあっても分析にほとんど影響されず、実感に近い値を求められるということが中央値が持つ最大のメリットです。この記事では中央値の基本的な知識と、一緒に覚えておくとさらに便利になる関数について紹介します。

※使用しているエクセルのバージョンはExcel2016です。

中央値(MEDIAN関数)を理解しよう

中央値の求め方

目視で中央値を確認する

中央値は、少ないデータ数であれば目視でも中央値がわかります。データを昇順に並び替えることで簡単に求めることができます。並び替えの手順は以下の通りです。
並び替えをしたいデータテーブルをドラッグして範囲指定します。 「ホーム」タブの「並べ替えとフィルター」をクリックします。
プルダウンメニューから「昇順」を選べば、並び替えは完了です。

このときデータの個数が偶数の場合にある真ん中の値が中央値となります。

なお、目視で確認できない程度の件数のデータを扱う場合は、関数を使用して中央値を導き出すほうが効率的です。

関数で中央値を出す

中央値を出す関数は「MEDIAN」関数です。 MEDIAN関数の構文: =MEDIAN(セル範囲1, セル範囲2, …)

たとえば、商品の金額を例に考えてみましょう。


・中央値 基本の出し方その1

セルのB列に7つのデータが入力されているので、中央値を求めるためにセルE3に

「=MEDIAN(B3:B9)」

と入力します。

すると、この7つのデータを昇順に並び替えた場合に導き出される真ん中の値、5000円が中央値として表示されます。

・中央値 基本の出し方その2(0のデータを除く場合)

ここで「0」というデータがあることも想定されます。しかし、0は中央値を求める際に除いておくとよい場合がありますね。例えば、大量に0があり、その影響で中央値が大幅に下振れする可能性があるケースなどです。

この場合は、

「=MEDIAN(IF(B3:B9>0,B3:B9))」

と入力し、「Ctrl」+「 Shift」+「 Enter」キーを押しましょう。

そうすると、0を除くすべての数値から中央値が求められます。これはB3~B9までの各セルが0を超えているかを判定し、そのうえで中央値を求めるという式です。ここまでが基本的な中央値の求め方です。

なおデータの集計を行っていると、オートフィルタ機能を使用する場面も出てきます。しかし、オートフィルタ機能から中央値を求めることはできないため、オートフィルタ機能を使用する前に関数を用いて中央値を求めておきましょう。

一緒に覚える!平均値、最頻値について

中央値と対応させて覚えておきたいのが「平均値」と「最頻値」です。平均値、最頻値、中央値などデータの傾向を読み取るために使う値のことを「代表値」といいます。

平均値(AVERAGE関数、TRIMMEAN関数)

平均値は名前の通り、複数のデータの平均を求める関数です。基本的には「AVERAGE」関数を用いて値を求めます。

さらに応用編として「TRIMMEAN」関数を用いると極端に外れた値を除いた平均値を求めることができます。通常、平均値は極端に高い・低い値に影響されがちです。TRIMMEAN関数ではそれを防ぐことが可能です。 構文:=TRIMMEAN(配列,割合)

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy