体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Excel(エクセル)術】矢印をまっすぐ引くには?矢印の使い方をマスターしよう

【Excel(エクセル)術】矢印をまっすぐ引くには?矢印の使い方をマスターしよう

業務の流れを説明する際に、エクセルで資料を作るという方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、オートシェイプの1つである「矢印」について解説します。作り方はもちろん、「線をまっすぐ引く方法」「色を変える方法」などをご紹介します。「見やすく伝わりやすい資料を作りたい」という方はぜひ参考にしてください。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2016の操作です。

【Excel(エクセル)術】矢印をまっすぐ引くには?矢印の使い方をマスターしよう

オートシェイプの基本的な使い方

オートシェイプとは図形を描写できる機能のこと。プレゼン資料の特定の箇所を目立たせたり、理解しやすくするために用いられます。オートシェイプには、矢印も含め、四角や丸、星形などさまざまな形があります。まずはオートシェイプの基本操作を押さえておきましょう。

1.「挿入]タブを開き、「図形」を選択します。

2.出てきた図形から好きな矢印をクリックし、エクセルのシートでドラッグします。この例では、赤枠内のブロック矢印から矢印を選択しています。

基本的な操作は以上です。ここからは、描いた図形を加工する方法について補足します。

補足1.図形を選択したときに表示される外枠の白い印を、黒い矢印の方向にドラッグすると図形の長さや太さが変更できます。

補足2.反転させたいときは、図形をクリックした際に表示される「描写ツール」の「書式」タブにある「配置」から「回転」を選択し、上下または左右を選びます。

補足3.図形の外枠に表示される黄色印(下記イメージの赤丸内)をドラッグすると、形を好きなバランスに変えられます。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy