体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

卒園前に次男と歩いた帰り道。子育てで一番大切なのは、こういう時間なのかもしれないー。 by マルサイ

先日、次男が3年間通った幼稚園を卒園しました。

雪の舞う中での卒園式はとても寒かったですが、子どもたちの笑顔と元気な歌声に包まれた二時間、心はずっと暖かかったです。

卒園式の一週間前にランドセルが届きました。

背負った姿を見た瞬間、胸がキュウっとしました。 前回エピソード:地獄のようだった歯磨きタイムが超快適に!歯磨きイヤイヤ期の救世主あらわる by マルサイ

f:id:akasuguedi:20180327141121j:plain

次男が入園する数ヶ月前に三男が生まれ、翌年は長男が小学校入学、そのまた翌年は三男が2歳児クラスに入園と、次男の在園中は兄弟の生活変化が著しくそちらの対応ばかりに追われていました。

次男の園での三年間をよく把握しないまま卒園になってしまい、もっと話を聞いてあげたり一緒に取り組んであげたりすれば良かったと後悔の気持ちが襲ってきたのです。

次男は幼稚園に行きたくないとじれたことがほとんどありませんでした。

いつも楽しそうにバス停に向かいスムーズに登園していて、長男や三男に比べると通わせるのに苦労をした思い出がほとんどありません。

一時期は育てにくさを感じたこともありましたが、幼稚園に入ってからは手がかからなくなり、そのおかげでストレスなく三男のお世話ができたり自宅での仕事を始めることができました。

小学生になることについても前向きで、弱音や不安を口に出すこともありません。

でも、本当はもっと私に聞いてほしい本音があるんじゃないかとふと心配になりました。 次男くんの関連エピソード:「できないからお母ちゃんがやって!」を前向きに解決した、『次男ヨイショ大作戦』! by マルサイ

私がいつも忙しくしていたり、二人で話し合う落ち着いた時間がなかったりで、もしかしたら本当の気持ちを伝えるの遠慮したり、諦めてしまっているのではないだろうか。

意識的に二人きりで過ごす時間をもっと作るべきだったのではないだろうか…

そんなことを考えていたタイミングに、年長組の親睦会がありました。

幼稚園から30分ほど歩いた場所にある川で親子で土手すべりをします。

土手へ向かう間は安全面も考えて子どもとお母さんが手を繋いで歩くのですが、次男は手を繋ごうとしません。

照れくさそうでもあり反発しているようでもあり…

f:id:akasuguedi:20180327141307j:plain

ハッとしました。

そういえば、最近次男と手を繋いで歩いていない。

バス停までの行き帰りも三男とばかり手を繋いでいるし、家族で出かける時も私はいつも三男担当です。

f:id:akasuguedi:20180327141335j:plain

そこで私は決めました。

今日はせっかく二人で歩ける貴重な時間。

急かしたりたしなめたりせず、とことん次男の歩調に合わせよう。

ふざけたり寄り道したりでクラスの列から大幅に遅れましたが、気にしないことにしました。

二人で歩く時間はこれから少なくなる一方なんだと思ったら、背中を出しながらしゃがんでいた次男の後ろ姿がとても小さく感じました。

まだ6歳で母を一人占めしたい気持ちもあっただろうに、三男が生まれてからこれまでたくさんのことを我慢してきたに違いありません。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy