体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3秒で時速96キロに!現代自の高級ブランドGenesis、初のEVコンセプトを公開

韓国の現代自動車の高級ブランドGenesis(ジェネシス)は、開催中のニューヨーク国際オートショーで同ブランド初の電気自動車(EV)コンセプトカー「Essentia」を公開した。

重心が低いスポーツカーで、美しい流線型のフォルムが特徴だ。優雅さを漂わせる一方で、生体認証や音声操作など先端技術をフル活用している。

・3秒で時速96キロに到達

まだ多くの人にとってGenesisブランドは馴染みがないかもしれない。それもそのはず、2015年に立ち上がったばかりのまだ若いブランドだ。

歴史は浅いものの、持てる技術とセンスの全てを注ぎ込んでつくられたのがEssentia。デザインのテーマは「Elegant Aggression」で、日本語でいうと優雅な躍動感といった感じだろうか。

確かに、流れるようなボディで、動物のようなしなやかさを醸し出している。3秒で時速96キロメートルに達するというパワーもある。

・8インチスクリーン搭載

テクノロジーを満載しているのもEssentiaの特徴。ドアのロック解除などが生体認証ででき、運転席には8インチのワイドスクリーン。あらゆる情報をそこに映し出し、安全で快適な運転をサポートする。

また、Essentia同士でインフラ情報を交換させる、という構想もあり、未来の都市交通に似合う車となりそうな雰囲気だ。

あくまでもこれはコンセプトなので、商品化されるかは今のところ未知数。しかし、多くのメーカーから同様の電気スポーツカーが発表されている昨今、それに劣らぬものをGenesisが手がけることは大いに考えられそうだ。

Genesis

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。