体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

置くだけでスマホを固定できるカーマウント「Esoqi」は無線充電にも対応!

マイカーを持っている人は、ドライブ中にスマホを車につなげて充電することが多いだろう。

その際、ケーブルを差し込んだり、マウントに設置したりというプロセスが必要になるが、それらを省略できるのがカーマウント「Esoqi」。スマホを置くと自動でスライダーが動いてホールドするというもの。しかも、無線充電に対応する。

・赤外線でスマホを認識

最近のカーマウントはさまざまなサイズのスマホに対応している。ただし、スライダーを動かして固定しなければならないタイプが多い。

しかし、Esoqiは赤外線センサーを内蔵し、スマホの近づきを感知するとスライダーが開く。そしてスマホが置かれるとスライダーが動き、スマホを固定する。あらゆるサイズのスマホで使えるのも便利だ。

・Qi充電に対応

また、Esoqiのもう一つの特徴がQi充電に対応すること。車とケーブルでつなげておくと、Esoqiにスマホを置くだけで充電が可能になる。

つまり、スマホのマウントへの設置と充電がワンアクションで済ませられるのだ。

運転に際しては、エンジンをかけたり、シートベルトを締めたりとやることが多い中で、スマホに関する操作を減らせるのは大きい。特に、乗り降りを頻繁にする人にとってはかなり活用度が高いといえそうだ。

Esoqiは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。今なら45ドル(約4800円)の出資で入手できる。出資はあと1カ月ほど受け付けるので、興味のある方はお早めに。

Esoqi/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。