体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あのデビッド・リンチがタイピング指導!?中毒必至の無料ゲーム「David Lynch Teaches Typing」が面白い

「ブルーベルベット」や「ツインピークス」で知られる、世界的な映画監督デビッド・リンチ。その彼がなんと、タイピングを教えてくれるという。もちろん、直接指導するわけではなく、ゲームの世界でのこと。タイトルはずばり、「David Lynch Teaches Typing」。これが意外なほど面白く、映画同様中毒になりそうなのだ。

・監督自身の声でタイピング指導

他のタイピングソフトとの決定的な違いは、ゲームの中で監督自身が話しかけてくるところ。しかも、そのしゃべり方が、「ツインピークス」で本人が演じたキャラクター、FBI捜査官ゴードン・コール風というのだから、ファンにはたまらない。

ゲーム自体は、すごく単純だ。いきなり難しいことはせず、手のポジションや入力の基礎から指導していく。上下段の文字と数字の配列などが、あの独特の声でささやかれるわけだ。

・無料デモ版公開中

開発を手がけたのは、ロサンゼルスのクリエーター集団Rhino Stew。中心人物のルーク・パーマー氏は、“Cooldog Teaches”というゲームから着想を得たという。ゲーム中に出てくるステージが、「ツインピークス」のレッドルームにそっくりだったことから、本ソフトの製作を思いついたのだとか。

現在、デモ版として公開中の「David Lynch Teaches Typing」。Mac OSとWindows双方に対応。ダウンロードは無料だ。百聞は一見にしかず。まずはどんなソフトか、試してみるべし。

David Lynch Teaches Typing

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。